女の子に人気が高いランドセルランキング2018

防犯ブザーなどの安全対策について

最近は子どもを狙った犯罪が急増しているので、
防犯ブザーなどを持たせることは必須です。

防犯ブザーは遠方まで鳴り響くほどの音量が出るので、
近くにいる大人に危険を知らせることができます。
最近では学校側が防犯ブザーを身につけるように徹底しているようです。

安全対策を図るうえで大切なことは、
防犯ブザーを持たせることだけではありません。

子どもに、
「知らない人についていかないように」
と教えておくことも大切になります。

お子さんに危険察知能力が身に付けば、事件になる確率を低くできます。

たくさんの防犯グッズをお子さんに持たせることも大切かもしれませんが、
いざとなってその防犯グッズを使用できないと意味がありません。
もっとも使用しやすいのは鳴らすだけの防犯ブザーだと思います。

そのため、複雑な操作が必要な防犯グッズは、かえって逆効果になる可能性があります。

また、一見、操作が簡単に見える防犯ブザーの場合でも、
小学校に入学したばかりのお子さんだと、
操作に手間取ってしまうことも考えられます。

小学校ではクラス全体でブザーの使い方を学ぶこともあるようですが、
慣れていないと、必要なときに鳴らすことができませんし、
また、授業中に誤って突然ブザーを鳴らしてしまったり、ということも起きるようです。

はじめの頃に授業中などに誤ってブザーを鳴らすような失敗をしてしまうと、
それが原因になって防犯ブザーを持って学校に行くのが嫌になってしまうかもしれません。

ですから、学校だけではなく、
できれば自宅でも親子で防犯ブザーを使えるように練習しておくと良いでしょう。

また、鳴らす方法だけではなく、間違って鳴らしてしまった場合にも、
お子さんがすぐに音を止められるように練習しておくと、
予想外に鳴ってしまった時にも、慌てずに済むと思います。

いざという時に落ち着いて使用できるように、
普段から操作に慣れておくと安心ですね。

お子さんが使いやすい防犯グッズを揃える

防犯ブザーはもちろんのこと、
お子さんが使いやすい防犯グッズを揃えることは大切です。

いざとなった時にすぐに使用できる防犯グッズでないと意味がありません。
すぐに危険になっていることを周囲に知らせることができるものが理想です。

子どもは非力なのでかんたんに身を守ることができません。
逃げたとしても追いつかれてしまう可能性もあるので、

防犯グッズを持たせることと、
安全対策のために子どもに防犯知識を教えることが大切です。

男の子に人気が高いランドセルランキング2018
ページの先頭へ戻る