女の子に人気が高いランドセルランキング2018

入学式に着ていくスーツの選び方

入学式ともなると、子どものランドセルや服装に意識が集中してしまい、
自分が着ていくスーツなどが疎かになってしまうことがあります。

ですが、せっかくの我が子の晴れ舞台。
入学式で、だらしない格好にならないように注意しましょう。
子どもだけではなく、親のファッションも重要なのは言うまでもありません。

ただし、入学式のファッションにはマナーというものがあります。

小学校生活の出発点となる最初の入学式でのマナーは、
とても大切なものです。

最初からマナーを破ってしまい、失敗してしまうと、
その後の小学校生活にも影響が及んでしまうかもしれません。

子供だけではありません。
親の方も授業参観やPTA活動などで、学校に足を運ぶことが多くなります。

何事も初めが肝心ですから、入学式のファッションにも気を配っておきたいものです。
また、特に注意したいのは、奇抜な格好にならないということではないでしょうか?

「ちょっとでも若さを・・・」
と目立つことを意識するのではなく、
周りに対して浮かないように、配慮をすることがもっとも大切なポイントになるでしょう。

だらしない格好になるのは、もちろんマナー違反ですが、
奇抜な格好になってしまい、周りから浮いてしまわないように注意しなければなりません。

スーツはできるだけ落ち着いたものを選びましょう。
また、全体的なコーディネートとしては、
シンプルなカラーでまとめるようにしてください。

アクセサリーなどは控えめに

基本的に入学式はシンプルにまとめるのが無難です。
アクセサリーなども、控えめにしておいた方が良いでしょう。

アクセサリーを多くつけすぎてしまうと、チャラチャラした印象を持たれてしまいます。
ですから、できるだけアクセサリーは減らして、
入学式にふさわしいファッションをするように心がけましょう。

ヘアスタイルなどに関しても同様です。
あまりにも目立つようなヘアスタイルは避けたほうが良いと思います。

入学式は子供のためのものなのですから、親が目立つことのないように注意しましょう。

綺麗な身だしなみに見られるように意識することは大切ですが、
入学式の主人公は子供です。

子供以上に目立ってしまうと、いくら素敵なファッションセンスであっても、
入学式にふさわしいファッションの選択としては失敗と言えるでしょう。

可能であれば、主役である子供のファッションとのコーディネートも考慮した上で、
親のファッションを選択すると良いかもしれませんね。

スーツ選びに迷ったら

アクセサリーを豪奢にしないことなど、注意点は分かっていても迷ってしまうのが、
入学式に着ていくスーツ選びですよね。

「普通のスーツでいいの?」
「カラーは?デザインは?」
と色々思い悩んでしまいます。

そこで入学式に着ていくスーツのおすすめブランドをひとつ紹介しておきます。

メアリーココ

メアリーココはブラックフォーマルと言われる、
礼服〜準礼服のスーツを主に取り扱っているブランドです。

入学式までに時間がなくても24時間365日、いつでも注文できるのがとても便利。
また、商品が届いてから3日以内ならサイズの交換などもできるため、
届いて自宅で試着して、合わなければ交換可能というのも嬉しいところ。

スーツ選びに迷ったら、ひとまずメアリーココをチェックしてみるといいでしょう。

またメアリーココのスーツを参考に、
入学式のスーツ選びのポイントも紹介したいと思います。

入学式は準礼服で

冠婚葬祭に着ていくものが礼服であることは有名ですが、
一方入学式や卒業式など、こうした式典で着るものは準礼服がいいとされています。

いわゆるセレモニースーツと呼ばれるものですね。

準礼服のため、先程も言ったように過度なアクセサリーの着用や、
パンツスーツの着こなしなどは基本的にはNG。

また、スカートの丈は膝下より長いものが基本です。

ただし、ワンピースやツーピースに関しては特に決まりがないので自由でOKです。

カラーに迷ったらブラックで

子供の入学式などは出発、お祝い、出会いなど、
前向きなイメージの式典なため、明るいパステルカラーを選ぶのがいいと言われています。

具体的には、ホワイト、ベージュ、クリーム、パステルピンク、パステルブルーなどでしょうか。

ですが、色選びに関してはあまり縛りはなく、
むしろ最近では、色んな着回しができるブラック、紺系のカラーもよく選ばれています。

ただし、当然、全身ブラックなんていう着こなしはNGです。

ブラック、紺系の暗色をスーツの色に選ぶなら、
ブラウスやコサージュ、ネックレス、また手にするバッグなどに明るい色を使うことで、
シックで落ち着きながら華やかな印象にアレンジすることができます。

こうした落ち着いた着こなしは特に30代以上のママさんにおすすめ。
若々しく着飾るよりも、大人の雰囲気を出すのがポイントですね。

ブランド物は避けよう

最初にも書きましたが、入学式の主役はあくまで子供です。

なので、あまり主張しすぎないファッションが吉。
特に分かりやすい高級ブランドのものは避けるようにしましょう。

特に気をつけたいのがフォーマルバッグです。

バッグはどうしてもブランドロゴが出てしまいがちなアイテムの1つ。

「色合いなんかも合っているしこれでいいよね」
なんてロゴがバッチリ入ったバッグを持っていくと、視線が突き刺さることになってしまうかも。

注意したいことはたくさんありますが、せっかくの子供の晴れ舞台。
できるだけ失敗しないように、前もって準備しておきたいですね。

男の子に人気が高いランドセルランキング2018
ページの先頭へ戻る