女の子に人気が高いランドセルランキング2018

小学生の男の子、女の子向け通学用の服装を選ぶ際のポイント

小学校によっては制服などが指定されている場合もありますが、ほとんどの小学校では私服での通学になります。制服だと自動的に服装が決まってきますが、私服の場合はどんなものが相応しいのでしょうか?今回は、小学生が通学する際の服装選びについて、男の子と女の子それぞれのポイントを紹介します。

通学用の服装選びのポイント

四季があって時期による寒暖差が激しい日本では、子どもが快適に過ごせるように配慮した服装選びをしたいものです。男女別に、季節に合わせて選ぶポイントを押さえていきましょう。

男の子の服装

性格や交友関係にもよりますが、男の子は幼児期よりも動きがより活発になり、遊びもアグレッシブになる傾向があります。そんな特性を踏まえた服装選びをしましょう。

春のおすすめ

入学・進級の季節の春は、朝の登校時間と下校時間の温度差が大きくなります。地域によっては、ゴールデンウィーク明け辺りまでは、ロングTシャツや上着も必要でしょう。気温の変化に対応し、脱ぎ着できる薄手の羽織があると重宝します。

また、幼児期に車や自転車、バスなどをよく利用している子どもだと、入学直後は「自分の足で毎日歩く」ということに慣れる必要があります。歩きやすさと転びにくさに重点を置くという意味では、柔らかい素材の長ズボンが良いでしょう。

入学直後は身体測定やレクリエーションなどの行事が多いほか、早速体育の授業が始まれば体操服に着替える場面も出てきます。ボタンの多いシャツは脱ぎ着しにくいので、最初は避けておいた方が無難です。

夏のおすすめ

地域によって異なりますが、1学期にプールの授業が始まるところが大半です。プールはすべて着替えなければなりませんが、着替え時間は10分程度と限られています。さらにプールの後は体が湿っていて着替えにくいので、ゆとりのある服装が好ましいです。

半袖Tシャツが基本ですが、紫外線に弱い子どもで日焼け止めクリームなどを使いにくい場合は、メッシュ素材の上着を持たせると良いでしょう。それに、ゆとりがあって通気性が高い短パンなどを合わせると、快適に過ごせます。

学校によっては、夏場の暑い時期はエアコンを使用するので、夏風邪など少し体調があやしいときなどは十分に考慮しましょう。低学年の頃は、虫取りなどに集中してしまうことも考えられるので、通学中にも帽子をかぶるのが安心です。

秋のおすすめ

秋は、新1年生も学校生活に馴染んできた頃です。暑い時期にはTシャツ、少し肌寒くなってきたらロングTシャツなどに変化していくでしょう。ただし、夏休みが終わっても、運動量の多い男の子はたくさん汗をかきます。

両親が共働きで夕方まで児童クラブなどで過ごす場合は、家に帰るまで、その服装でいなければなりません。そのため、上着などの着脱しやすいものをランドセルに忍ばせておくと重宝します。虫取りなどの授業がある学校では、長袖長ズボンを着用するか、長めの靴下をはかせて肌の露出を控えておくと、虫刺され対策になります。

冬のおすすめ

2学期後半は寒さが本格的になってくる地域もあるので、ダウンなどの暖かな服装が必要になってきます。特に寒がりな子どもでない限り、低学年のうちは裏起毛の服1枚で暖を取るより、何枚か重ね着させることをおすすめします。

というのも、休み時間や体育の時間などに校庭で思いっきり遊び動き回った後に戻る教室は、暖房がかかっていることが多いです。重ね着をしていれば、暑く感じた時や寒くなった時に子どもが自分で着脱しやすいです。

トレーナーと長ズボンを中心に考え、特に冷え込む日はインナーに長袖のヒートテックなどを用いて工夫しましょう。また、寒さがこたえる朝にも子どもたちは通学しなければなりません。好みに合わせた手袋やマフラー、ネックウォーマーなどをチョイスしてあげましょう。

女の子の服装

幼年期からおしゃれに目覚めることも多い女の子は、どんな服装で通学するのが望ましいでしょうか?低学年のうちは男女混ざって遊ぶ機会もあるので、子どもの普段の様子を見ながら服装選びをしたいものです。

春のおすすめ

入学直後はまだまだ朝夕寒く、地域によっては上着が必要なこともあるでしょう。女の子の場合、薄手のロングTシャツと上着を組み合わせると、日中暖かくなってきた時にも手軽に脱ぎ着できます。

入学直後でも体操服に着替える機会もあるので、低学年の間は着脱がシンプルな方が安心です。ボタンが多かったり、ワンピースなどで背中にボタンやチャックがあるタイプを着せたりすると、まだ慣れない小学校生活では着替えの時間に子どもが困ってしまうことになります。

スカートだけでは寒いと感じられる場合は、スカートの下にスパッツやタイツをはかせます。悲しいことですが昨今、通学途中の子どもを狙った犯罪も多いため、極端に短いスカートは避ける方が望ましいです。中に薄手の短パンをはかせるなどして、直接下着が見えないようにしておきましょう。

夏のおすすめ

夏場の服装は、Tシャツとスカートやパンツのスタイルが基本です。登下校する通学路を確認して日影が少ないと感じたら、帽子を着用させましょう。朝の登校前に、刺激が弱めの日焼け止めを塗る家庭もあります。

夏になるとプールが始まりますが、女の子の水着は男の子に比べて面積が多い分、手間取りやすいです。髪の毛が長い子も多いでしょう。プールの授業の後にきちんと拭く時間があれば良いですが、休み時間はせいぜい10分程度です。

幼稚園や保育園とは違って、時間に追われながら着替えなくてはなりません。特に、まだ小学校のタイムスケジュールについていけない1年生は、うまく拭けずに髪の毛から滴がしたたっているまま着替えることも考えられます。そのため、フードなどがなく、乾きやすい服装を心がけると良いでしょう。

秋のおすすめ

冬に近づくにつれて、だんだんと1日の寒暖差が大きくなってきます。普段から気温を意識して服装を考えましょう。特に肌寒い日で雨が降っていると、体が冷えやすくなります。女の子の方が圧倒的に冷え性が多く、体を冷やすと良くないので、男の子より気持ち暖かな服装を心がけましょう。

ロングTシャツや薄手のトレーナーなどに、スカートやパンツを合わせたスタイルが基本となります。そこに薄手の羽織やベストなどを、気温に合わせて調整すると良いでしょう。

冬のおすすめ

本格的な冬を迎えると、教室ではエアコンがつけられます。しかし通学中はとても寒いので、手袋やマフラー、腹巻や毛糸のインナーを着用しても良いでしょう。上着はダウンなどの暖かなものを選び、中にはトレーナーなどを着るのが基本的なスタイルです。

スカートやキュロットなど足の出るものをはくときは、ヒートテック素材のタイツやスパッツが重宝します。暖かな服装をさせて、子どもの体を寒さから守りましょう。

服装選びでの注意点

私服での通学でも、「何でも良い」わけではありません。学業に専念するのに相応しいもの、そして動きやすく活動しやすいものが基本です。派手な服装や高価なブランド物などは目立ちはしますが、学校によっては「悪目立ち」になってしまいかねません。休日に着るようにするなど、一定の配慮をしましょう。

また、秋や冬になると、下校時間には薄暗くなってしまうことが考えられます。暗い色の上着だと車などのドライバーに気づいてもらいにくいので、白や黄色など暗がりでも目立つ色が入っていると安心です。

男の子も女の子も、季節による寒暖差や子どもの活動などをよく考慮して、わが子の特性に合わせた服装選びが大切になってきます。特に低学年のうちは、家を出る前にぜひ服装チェックをしてあげましょう。

男の子に人気が高いランドセルランキング2018
ページの先頭へ戻る