ランドセルは保証付きを選ぶようにしよう

ランドセルは保証付きを選ぶようにしよう

ランドセルを選ぶ際には、6年間という長い期間使用することを踏まえて「6年間保証付き」のサービスがあるメーカーを選ぶようにしておきましょう。

「6年間保証付き」のサービスがあるということは、ランドセル選びにおいての絶対条件となりますが、最近はほどんどのメーカーで、このサービスを付与しているようです。

しかし、6年間保証というと、「その間はどんな修理にも無償で対応してくれる」と考えがちです。

このサービスは、メーカーによって様々な条件がつけられているので、その保証内容については事前に確認しておく必要があります。

多くは「無償」ではなく「有償」で修理を行う、というところが多いので、扱いにも十分注意しなければなりません。

保証が適応されないケース

ほとんどのメーカーが取り入れている6年間保証サービスですが、その多くは無償であることは稀のようです。

「無償で修理する」ことには、メーカーによって様々な条件がありますが、まずは有償での修理となるケースをいくつか挙げておきましょう。

  • 子供同士のじゃれ合いにより、鋭利なもので傷をつけてしまった
  • ストーブの近くに置いたことで一部焼けてしまった
  • 動物に引っかかれて傷がついた

などが挙げられます。

「こんなケースも!?」と、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、基本的には、何かによる障害によって起こってしまった故障については、全て保証適応外で、有償での修理となるようです。

保証が適応されるケース

では一方で保証が適応されるケースですが、これはあくまで「劣化などによって自然と起こってしまった故障」に限られることになります。

つまり、通常の扱いでありながら金具が自然と取れてしまった、という場合や、劣化によってベルトが切れてしまった、という場合が相当します。

故意での故障に関しては保証適応外なので、やはり質の良い、しっかりとしたランドセルを選ばないといけません。

最近のランドセルは品質も向上し、普通に扱っていれば劣化はそうそうあるものではないようです。

一番リスクが高いのは、「乱暴に扱うことによる故障」です。

特に男の子の場合だと、家に帰ったらランドセルをほうり投げてそのまま遊びに行ってしまう、といったように、扱いに関して雑になることも多いかも知れません。

普段からお子さんに注意を呼び掛けておくことも大切なことなのです。