ラン活はいつからやるべき?新作の予約開始と購入時期

ラン活はいつからやるべき?新作の予約開始と購入時期について

※2021年度モデルの販売が本格化

3月も後半に入り、2021年度モデルの販売が本格的になってきました。
毎年ランキング上位の「萬勇鞄」や「池田屋」もすでに販売を開始しています!

工房系のコードバンモデルは早い段階で完売するので、
買い逃さないよう、今のうちにチェックしておきましょう!

萬勇鞄の詳細はこちら

池田屋の詳細はこちら


一方、大手の「フィットちゃん」「セイバン」では早期割引を実施しています。
ランドセルをお得に購入したい人は早めに注文しましょう!

今後は、昨年度人気NO1の「黒川鞄」が4/1に販売を開始します。
まだ、カタログを取り寄せていない人は、早めに取り寄せましょう!

(※紙カタログが終了した黒川鞄は、電子版カタログを配布中です)

カタログ請求先一覧はこちら


もうすっかり定着してきた感のある「ラン活」という言葉。

数年前までは、「秋頃がピーク」と言われていたランドセル商戦ですが、
今では4月に新年度に切り替わった直後からピークがスタートします。

特に少量生産の工房系ブランドは完売が早いので、
狙っているブランドがある人は、事前にカタログを見ての下調べが必須。

販売開始と同時に買うくらいの意識がないと、
欲しいランドセルは手に入らない状況になっているので注意しましょう。

まずはカタログを見て候補をチェック!

ラン活が前倒しになることでカタログ請求にも影響がでています。

人気ブランドの場合、早い段階でカタログ配布を終了することもあり、、
手に入らない場合があるので注意してください。

ラン活に乗り遅れないないよう、
今のうちからカタログを請求して、チェックしておきましょう!

ブランド別のカタログ請求先一覧

高級ランドセルや工房系ランドセルに人気が集中

高級ランドセルや工房系ランドセルでは、
ネットでの予約受付や販売開始と同時に完売することがあります。

高級ランドセルや工房系ランドセルは、
1点1点手作業でつくっているところがほとんどで、
数を増やすのが難しい状態です。

お目当てのブランドのランドセルを購入したい場合は、
ラン活に乗り遅れないように早めにカタログを請求して、
お気に入りモデルをチェックしておくのがポイントです。

ラン活に乗り遅れてしまった場合

ラン活に乗り遅れたからといって、ランドセルが手に入らないというわけではありません。

大手ブランドの「フィットちゃん」や「セイバン」のランドセルなどは、
大量生産され入学ギリギリでも買うことができます。

しかし、人気の色や絵柄は夏頃から売り切れ始め、
12月以降は在庫になったランドセルしかないので注意してください。

なお、多くのブランドでは「早期割引」のサービスを行っているため、
早めの予約や購入がおすすめです。

もしお目当てのランドセルが完売していたら、
大手ブランドの人気モデルをチェックしておくとよいと思います。

フィットちゃんの人気モデルをチェックする

セイバンの人気モデルをチェックする

今年度早期に売り切れが予想されるブランドは?

ここ2年間で完売時期の早かったブランドを紹介します。

2021年度はさらにラン活が早まっているので、
人気ブランドのランドセルを検討している人は早めにチェックしましょう。

黒川鞄工房

黒川鞄工房

2020年度もっとも人気だったのが黒川鞄で、6月に全品完売してしまいました。

特にコードバンランドセルが人気で、
注目モデルは販売開始後すぐに完売するほどです。

コードバンの場合は値段が10万円以上しますが、
その分品質が高いと評判です。

10万円以下の牛革モデルでも人気色は早めに完売してしまいます。

2020年度の紙媒体のカタログは販売開始前の3月で受付を終了しています。
検討している人は今のうちに申し込んでおきましょう!

黒川鞄のカタログ申し込みはこちら


本店ショールーム

住所 富山県富山市総曲輪三丁目6番15-8号
TEL 076-421-3679
定休日 月・火・水
営業時間 10:00-18:00

黒川鞄の口コミやランキングはこちら


池田屋

池田屋

2020年度黒川鞄に次いで人気だったのが池田屋で、8月にほぼ全品完売しました。

工房系にも関わらず5〜6万で買えるランドセルが多く、
素材もコードバン、牛革、クラリーノとさまざまな種類があります。

工房系では珍しくオーダーメイドにも対応しているので、
自分だけのオリジナルランドセルを作成したい人にもおすすめです。

こちらもすでに2021年度のカタログ申し込みがスタートしていて、
特典がついてきます。

  • 池田屋オリジナルの絵本

特典は数量限定となっているので、
検討している人は今のうちに申し込んでおきましょう!

池田屋のカタログのカタログ申し込みはこちら


店舗情報

店舗名 住所 電話番号
銀座店 東京都中央区銀座5丁目8-20銀座コア3F 03-3289-8983
梅田店 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル 3F 06-6375-8689
浜松店 静岡県浜松市中区砂山町323-16 053-456-8851
静岡店 静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス1F 054-255-9173
清水店 静岡県静岡市清水区銀座11-1 054-366-5640
博多店
(3〜9月)
福岡県福岡市博多区住吉1-2-74 キャナルシティ博多サウスビル2F 092-283-1230

池田屋の口コミやランキングはこちら


羽倉(HAKURA)

羽倉の手づくりランドセル【HAKURA】

ここ数年工房系で人気となっているのが羽倉です。

2019年度は9月で全モデル完売し、
2020年度も10月時点で完売や品薄が目立っています。

羽倉は工房系にも関わらずたくさんのカラーを取り揃えているので、
子どもの好みにあわせてランドセルを選ぶことができます。

すでに2021年度のカタログ申し込みが始まっているので、
検討している人は早めにチェックしておきましょう!

羽倉のカタログ申し込みはこちら


工房兼ショールーム

住所 兵庫県豊岡市泉町15番11号
TEL 0796-23-2536
定休日 水曜・木曜・第2.4土曜
営業時間 9:30-16:30

羽倉の口コミやランキングはこちら


萬勇鞄

萬勇鞄

萬勇鞄はランドセルの種類が豊富で、
デザインによって素材を選ぶことができます。

中でも人気なのでコードバンを使用したモデルで、
毎年夏前には完売することが多いので、早めにチェックする必要があります。

2020年度は10月に全品完売となりました。

また新作が発表されると人気が集中するので、
できるだけ早くカタログを入手して、早めにチェックしておくことをおすすめします。

萬勇鞄のカタログ申し込みはこちら

ショールーム

住所 愛知県あま市甚目寺山之浦111番地メルコビル2F
TEL 052-485-7899
定休日 不定休
営業時間 10:00-18:00(販売期間以外10:00-16:30)

萬勇鞄の口コミやランキングはこちら


中村鞄

中村鞄製作所

2019年度人気だったのが中村鞄です。

2020年度は比較的在庫に余裕がありますが、
早い段階で完売や品薄モデルがでています。

工房系ブランドはいつ人気が集中するか分からないので、
狙っている人は早めにスケジュールを確認しておきましょう。

中村鞄のカタログ申し込みはこちら

工房兼ショールーム

住所 東京都足立区江北1-32-1
TEL 03-3899-5115
FAX 03-3899-1885
定休日 不定休
営業時間 10:00-17:00

中村鞄の口コミやランキングはこちら


ランドセル工房生田

ランドセル工房生田

2019年度中村鞄と同じく人気だったのが生田です。

価格帯は5万円からで価格と品質のよさのバランスがよく人気になっており、
池田屋同様にオーダーメイドを扱っています。

毎年早い段階で完売や品薄になるので、
早めにチェックしておきましょう!

ランドセル工房生田のカタログ申し込みはこちら

本店ショールーム

住所 大阪市生野区田島6-2-16
TEL 06-6757-6723
FAX 06-6757-6760
定休日 水・年末年始
営業時間 10:00-18:00

生田の口コミやランキングはこちら

※各社のランドセルの発売時期および店舗情報等は、変わる可能性があるので詳しくは公式サイトでご確認ください。

まとめ

ラン活は年々前倒しになっているため、
希望するブランドのランドセルを購入するには、
早めにカタログ請求するのがポイントです。

カタログをチェックして気に入ったモデルが見つかったら、
サイトで会員登録するなど予約するための準備をしておいてください。

実際に展示会に行って実物を見たい人は、
以下のページで最新情報を更新してします。

メーカー別、地域別に分かりやすくまとめているので、
ぜひチェックしてみてください!

【随時更新】ランドセル展示会情報まとめ

2021年度最新版!タイプ別おすすめランドセル一覧

工房系クラシック 工房系モダン
池田屋 萬勇鞄
土屋鞄 カバンのフジタ
モギカバン 羽倉
大手の人気ブランド タイプ別のおすすめ
フィットちゃん 2021年ランドセルまとめ
セイバン 高級ランドセル
イオン 軽いランドセル
軽さの工夫あり 素材別のおすすめ
フィットちゃん クラリーノランドセル
セイバン 牛革ランドセル
黒川鞄工房 コードバンランドセル
ページの先頭へ戻る