ラン活はいつからやる?人気メーカーの予約方法、購入時期

ラン活について

※早くもコードバンで完売や品薄が発生!

4月に入り2022年度モデルの販売が本格化していますが、すでに一部のブランドのコードバンモデルで完売、品薄状態となっています。

ブランド モデル 在庫情報
黒川鞄 コードバンワイド 他のコードバンモデルはすでに完売
鞄工房山本 オールコードバン 「赤」残りわずか!
モギカバン コードバンシリーズ 多くのカラーで品薄(残り1個のカラーも)


特に「黒川鞄」は牛革、クラリーノモデルでも完売や品薄が発生していて、全品完売が間近に迫っています。買い逃さないよう今すぐチェックしましょう!

黒川鞄の詳細はこちら


また、「カバンのフジタ」の新作モデル牛革の光るランドセルも300本限定です。こちらも買い逃さないよう今のうちにチェックしておきましょう!

カバンのフジタ光るランドセルはこちら


※【注目】お得なセール情報!

大手の「セイバン」や「フィットちゃん」では、お得に購入できる10%オフのセールを行っています!新作モデルも対象となるので、ぜひこの機会にチェックしておきましょう!

セイバンの詳細はこちら


フィットちゃんの詳細はこちら


※【残りわずか】カタログ在庫情報!

紙カタログの在庫が少なくなっているもようなので、今のうちに申し込んでおきましょう!

「ラン活」を始める時期は、毎年どんどん早くなっています。

特に生産数が少ない「工房系のランドセル」を検討している人は注意が必要です!

人気モデルの場合、販売開始直後に完売してしまうケースもあります。

この記事では、ラン活のポイントを分かりやすくまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

【メディア掲載情報】

当サイトで行ったアンケートが、フジテレビ「ライブニュースイット」で使用されました。

先ほど紹介したように「黒川鞄」など一部のブランドでは完売、品薄モデルが多数となっています。買い逃さないように、できるだけ早めにチェックしておきましょう!

このページの目次

なぜこんなに早く?昔とは事情が違う「ラン活」とは

「ラン活」とは、小学校に入学するにあたって、ランドセルを購入するために色々な情報を集めたり、展示会に行ったりするための活動を指した言葉です。

以前はこのような言葉はなかったのですが、近年は一部の工房系ブランドなどに人気が集中し、買いたくても買えないという状況が増えたため、「ラン活」という言葉が使われるようになりました。

実際に直近の3年間(2019年度から2021年度)で見ても、ランドセルの発売開始時期は年々早まっており、早いところだと1月中や2月中に翌年度のランドセルを発売開始するブランドが出てきています。

つまり、以前のように「4月になって新年度に変わったら考えよう」というスピードでは遅い可能性があります。

下記のグラフは、当サイトが独自に行った「ランドセルの購入時期」についてのアンケートです。

ランドセルはいつまでに買えばいい?

このグラフを見てもわかるように、まだ年度が切り替わる前、あるいは切り替わってすぐにランドセルを購入する人がかなり多いです。

これは、

  • ランドセルの発売開始時期が早くなった
  • 工房系ブランドは生産数が少ない
  • 一部の人気モデルは即完売してしまう

などが主な理由になっていて、今のところ落ち着く様子がありません。

2021年度を見ても、人気No.1の「黒川鞄工房」は、5月中に全モデルが完売する程の人気でした。(今年もすでに完売モデルが多数でています)

他のブランドでも、稀少素材のコードバンなどを使った高級モデルは完売が早いので、興味がある人はできる限り早く情報を集めておく必要があります。

購入する側にとっては大変な時代ですが、大切な6年間を一緒に過ごすことになるランドセルなので、後悔がないように早めにラン活を始めましょう!

人気ブランドの予約開始時期・カタログ情報

各ブランドの2022年度カタログ情報と、販売開始時期を一覧にまとめました。

すでに「黒川鞄」「カバンのフジタ」では紙カタログが終了しており、他の人気ブランドも在庫が少なくなっている可能性があるので、なるべく早めに取り寄せることをおすすめします。

最新情報としては、昨年度登場した新ブランド「ARTIFACT」が注目を集めており、カタログ申し込み数が増えています。

※カタログボタンをクリックすると申し込みページに移動します

特に人気が高いブランド

ブランド名 カタログ 口コミ
黒川鞄

池田屋

カバンのフジタ

萬勇鞄

羽倉

鞄工房山本(※)

横山鞄

フィットちゃん

ふわりぃ

セイバン

ARTIFACT

※鞄工房山本のカタログは無料ですが、カタログ+生地見本の場合は税込200円となります。

工房系ブランド

ブランド名 カタログ 口コミ
カザマランドセル

モギカバン

conosaki(このさき)

土屋鞄

村瀬鞄行

KIDS AMI

大峽(おおば)製鞄

堀江鞄

中村鞄

神田屋鞄

ランドセル工房生田

宇野カバン

ナガエかばん

京都ランドセル工房

林カバン店

コクホー

五十嵐製作所

その他のブランド

ブランド名 カタログ 口コミ
澤田屋ランドセル

ララちゃん

池田地球

アタラ(キシル)

きなこ×こどもと暮らし(※)

コクヨ×あんふぁん

サンリオ

シブヤ文具

三越伊勢丹

ニトリ

イトーヨーカドー

ミキハウス

アクタス(ACTUS)

grirose(グリローズ)

LIRICO(リリコ)

ニノニナ(Nino Y Nina)

ノムラ

ユーアンドアイ

フェフェ(fafa)

※きなこ×こどもと暮らしのカタログは税込330円となります。

今は多くのブランドが電子カタログに対応しているので、紙カタログがなくなっても見れなくなるということはないですが、やはり複数を見比べるなら紙カタログの方が便利です。

カタログは基本無料で取り寄せられるので、ちょっとでも気になるブランドがあるなら早めにカタログを申し込んでおきましょう!

ラン活はどうやって始めれば良いのか?

ラン活を始めるにあたって、一番大事なのはズバリ「情報収集」です!

ランドセルは毎年変わらないように見えて、実は細かいところで機能が改善されたり、重量が軽くなったりなど変化があります。

去年とデザインがまったく同じでも、「革の素材が変わった」「夜道で光る機能がついた」などといった新しいバリエーションが出ているケースも。

後悔しないランドセルを選ぶためにも、まずはしっかり情報を集めましょう!

まずはカタログを集めて候補をピックアップ

情報収集でもっとも役に立つのは、各ブランドが無料で配布している「カタログ」です。

最近ではどのブランドもカタログ作りにとても力を入れているので、

  • どんな素材を使っているか?
  • 重さ、サイズはどれくらいなのか?
  • 背負ったときの負担軽減の工夫はあるか?
  • そのブランドの強み、独自の工夫はあるか?
  • どんな思いでランドセル作りに向き合っているか?

などがしっかりわかるようになっています。

ブランドによっては、早期にカタログを申し込むことで特典がもらえる場合もあるので、少しでも気になるなら早めに申し込むのがお得です!

カタログ請求は無料できますので、まずは色んなブランドのカタログを取り寄せて、子どもと一緒に気になるモデルがないか確認してみましょう。

展示会に行けるかどうかを確認

カタログを読んで候補をしぼったら、ランドセルの展示会へ行って実際に背負ってみるのがベストです。

特に背負ったときに感じる「重さ」については、単純な重量だけではなく、身体へのフィット感などで大きく異なってくるため、実際に試してみるのが一番わかりやすいです。

各ブランドの展示会日程に関しては、下記ページで一覧にまとめているので、ぜひスケジュールを調整して行ってみて下さい。

ブランド別・展示会日程一覧

※ただし今年は新型コロナウイルスの影響で、なかなか展示会へは行きづらいという人も多いと思いますので、そういった場合はカタログを取り寄せて家族でじっくり検討してみてください。

限定モデルを買う場合は「初日」が勝負!

一昔前と違い、今は多くのブランドが通年でランドセルを販売しているので、「年が明けたらどこも品切れでランドセルが買えない!」ということはなくなりました。

しかしその一方で、人気ブランドや一部の限定モデルの争奪戦は過熱しており、販売開始後すぐに売り切れてしまうこともしばしばあります。

特に毎年注目を集めている「黒川鞄」では、販売開始前に紙のカタログ配布が終了する程の人気で、2021年度は5月に全品が完売しました。

他のブランドでも、「オールコードバンモデル」や「数量限定のプレミアムモデル」などは、発売開始と同時にあっという間に売り切れてしまうことがあります。

※早期完売に注意が必要なモデル例

  • オールコードバンモデル
  • 数量限定のプレミアムモデル
  • 10万円以上の高級モデル
  • コードバンかつ人気カラーのモデル

このようなレアなランドセルを確実に購入するためには、販売開始初日が勝負と言えますので、事前の情報収集がとても大事です。

販売開始してから行動するのでは遅いので、事前にカタログを取り寄せ、可能であれば展示会へ行き、いざ販売がスタートしたら迷わずに購入しましょう。

一般的なモデルの場合はそこまで急ぐ必要はありませんが、生産量の少ないレアモデルの場合は、確実に手に入れたければ「販売初日」を狙うくらいの気持ちが必要です。

2022年度のラン活スケジュールはどうなる?

ラン活スケジュールは年々前倒しになっていて、ついに2021年度からは、「年度が切り替わる前に翌年度のランドセルを販売開始」するブランドが増えてきました。

今から5年程前であれば、4月~6月くらいに販売開始するブランドがほとんどで、ランドセル商戦のピークは夏休み頃だったのですが、今は2月~4月中にほとんどのブランドが販売をスタートします。

そのため、ラン活も年度が切り替わる前からスタートしなければ間に合わない可能性が出てきました。

以下に2022年度のラン活スケジュール予想を記載しますので、ぜひ参考にしてください。

2月~3月:新作モデル発表&発売開始

2月から3月にかけては、多くのブランドが新年度モデルの情報を解禁し、販売をスタートする時期です。

まだ年度が切り替わる前なので、この時期は当年度と翌年度のランドセル情報が併記されているケースがあり、勘違いしないように注意が必要です。

ブランドによっては、2021年度と2022年度の両方を販売していることがあるので、万が一間違って買ってしまうと大変な事になります。

2022年度のスケジュールとして確定している情報では、

工房系ブランド

  • 黒川鞄
  • 池田屋
  • カバンのフジタ
  • 土屋鞄
  • 萬勇鞄
  • 村瀬鞄行
  • 羽倉
  • モギカバン
  • ARTIFACT
  • conosaki

大手ブランド

  • セイバン
  • ララちゃん

上記のブランドがこの時期に2022年度モデルの販売をスタートする予定です。

この時期にやっておきたいことは、とにかく少しでも気になるブランドがあったら、早めにカタログを取り寄せて情報を集めておくことです。

各ブランドの展示会スケジュールもわかってくる時期なので、気になるブランドはしっかりチェックしておきましょう!

全ブランドのカタログ請求先一覧はこちら

4月~5月:人気モデルの争奪戦はこの時期!

4月から5月の間に、ほとんどのブランドが2022年度モデルの販売をスタートします。

今のところわかっている情報としては、「鞄工房山本」が4/1(木)から販売開始予定となっています。

大手・工房系ブランドのほとんどが出そろう時期なので、人気が高いモデルを手に入れたい人はこの時期に購入を検討しましょう。

2021年度の状況を振り返ると、鞄工房山本の「オールコードバン」はこの時期に完売していました。

買い逃したと後悔することがないように、早め早めに行動しましょう!

6月~8月:なるべくこの期間に買っておこう

6月から8月は、すべてのブランドで販売がスタートして、もっとも豊富な種類の中からランドセルを選べる時期です。

一部の人気モデルは完売している可能性がありますが、それ以外は十分に在庫が残っている時期なので、たくさんのデザイン・カラーの中から比較して選ぶことができます。

展示会もたくさん開催されているはずなので、お子さんと一緒に実際にランドセルを手に取って確かめることができます。

気に入ったモデルを選ぶにはもっとも適した時期だと思うので、なるべくならこの時期に購入しておくことをおすすめします!

なお8月に入ると大型連休があるため、ランドセルを購入する人が増えます。

その影響で、大型連休前後で完売するモデルが増えてくるため注意が必要です。

2021年度では、セイバンのコードバンモデル「HOMARE」が8月初旬に完売していました。

9月~11月:セールを狙うならこの時期!

9月から11月にかけては、各ブランドがアウトレットセールなど始める時期です。

アウトレットセールとは、いわゆる型落ち品を安く販売するセールのことですが、公式ショップが販売するものなので、品質は全く問題ありません。

また型落ち品といっても、ランドセルの場合は1、2年で大きく機能が進歩するわけではないので、使用するにあたっては全く問題がない商品といえます。

これまでは大手ブランドの「セイバン」や「フィットちゃん」のアウトレットセールが人気でが、昨年度からは一部の工房系ブランドもアウトレットセールを行うようになりました。

2021年度にアウトレットセールを行ったブランドとしては、

  • セイバン
  • フィットちゃん
  • ふわりぃ
  • 鞄工房山本
  • 萬勇鞄
  • 横山鞄
  • 中村鞄
  • カザマランドセル
  • ランドセル工房生田
  • サンリオ

などが挙げられます。

今年も同様に行うかは不明ですが、アウトレットセール品は通常価格よりも30%から60%引きと非常にお得なので、ランドセルを安く買いたい人はぜひこのチャンスを狙っていきましょう!

12月以降:選択肢が少なくなってしまうかも

今は多くのブランドが通年でランドセルを販売しているので、12月以降であってもランドセルを買うのに困ることはありません。

ただし、人気モデルや人気カラーが完売しているというケースは増えるので、どうしても選択肢は少なくなってしまいます。

アウトレットセールに加えて、店頭展示品のセールなどが行われることもあるので、タイミングがあえばお得にランドセルを購入することができるかもしれませんが、どんなモデルが買えるかは不明です。

年が明けたからといって、残っているランドセルが大幅値引きになることはほとんどないので、なるべく早めに購入することをおすすめします!

早期に売り切れが予想されるブランドは?

黒川鞄工房

黒川鞄工房

先ほどもふれましたが、黒川鞄は毎年人気のブランドで、2020年度は6月中旬、2021年度は5月下旬で完売となっています。

ちなみに以下の画像は、黒川鞄の公式サイトから引用したもので、すでに終了した2021年度のラン活の流れをまとめたものです。

黒川鞄ラン活スケジュール

上記の流れを参考にしてもらえばと思いますが、最後の赤枠で囲んだ部分に注目してください。

「年々、ラン活が早くなっています。」

2022年度はすでに完売や品薄モデルが多数となっていて、4月中に販売を終了してしまうかもしれません。

黒川鞄のカタログ申し込みはこちら


本店ショールーム

住所 富山県富山市総曲輪三丁目6番15-8号
TEL 076-421-3679
定休日 月・火・水
営業時間 10:00-18:00

黒川鞄の口コミやランキングはこちら


池田屋

池田屋

黒川鞄に次いで人気なのが池田屋で、2020年度は8月、2021年度は10月にほぼ全品完売となっています。

工房系にも関わらず5~6万で買えるランドセルが多く、素材もコードバン、牛革、クラリーノとさまざまな種類があります。

工房系では珍しくオーダーメイドにも対応しているので、自分だけのオリジナルランドセルを作成したい人にもおすすめです。

池田屋のカタログは、さまざまな特典がついてくるため人気となっています。特典は無くなり次第終了となるので、早めの申し込みがおすすめです。

池田屋のカタログ申し込みはこちら


店舗情報

店舗名 住所 電話番号
銀座店 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 4F 03-3289-8983
みなとみらい店 神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目3-4 ステーションコアB3F東急スクエア 045-305-6611
静岡店 静岡県静岡市葵区呉服町1-30 札の辻クロス1F 054-255-9173
浜松店 静岡県浜松市中区砂山町323-16 053-456-8851
清水店 静岡県静岡市清水区銀座11-1 054-366-5640
梅田店 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ナレッジキャピタル 3F 06-6375-8689
博多店
(3月~)
福岡県福岡市博多区住吉1-2-74 キャナルシティ博多サウスビル2F 092-283-1230

池田屋の口コミやランキングはこちら


カバンのフジタ

カバンのフジタ

2022年度も注目を集めそうなのが、最近光るランドセルの販売を開始したカバンのフジタです。

2021年度に登場した「レインボーフォース」は、発売前から話題となっていて、地元山形の新聞やテレビなどで大きく取り上げられました!

販売後のランキングでも1位となっており、デザインと安全性の両方を兼ね備えている点が支持されています。

フジタのランドセルは、雪国で通学する子どもを想定しているため、軽くて耐久性が高いという特徴もあります。

注目度の高さはカタログ申し込み数に反映していて、早い段階で紙のカタログ配布が終了し、電子カタログでの対応となりました。

2022年度も昨年以上に早いペースで紙のカタログが終了となり、現在は電子カタログになっています!

カバンのフジタの2022年度カタログ申し込みはこちら


店舗情報

店舗名 住所 電話番号
本店 山形県山形市十日町1丁目2番27号 023-622-0210
郡山フェスタ店 福島県郡山市日和田町字小原1丁目 ショッピングモールフェスタ2F 024-968-0355
イオン福島店 福島県福島市南矢野目字西荒田50-17 イオン福島店2F 024-559-3081

カバンのフジタの口コミやランキングはこちら


鞄工房山本

鞄工房山本

鞄工房山本の人気モデルは、数量限定のオールコードバンシリーズで、毎年早い段階で完売となります。2021年度は10月に全品完売となりました。

10万円以上するオールコードバンから、約5万円で購入できる人工皮革モデルまで、幅広い価格帯のランドセルを扱っています。

2022年度のラインナップは全85種類で、他の工房系ブランドと比べ、選べるランドセル数が豊富です。

2022年度もコードバンモデルは早い段階での完売が予想されるので、今のうちからカタログを取り寄せて販売開始に備えましょう!

鞄工房山本のカタログ申し込みはこちら


店舗情報

店舗名 住所 電話番号
奈良本店 橿原市南浦町899 0744-20-1771
銀座店 東京都中央区銀座 2-4-18 アルボーレ銀座 B1F 03-6228-7451
表参道店 東京都渋谷区神宮前5丁目9-15 B1F 03-5485-1005

鞄工房山本の口コミやランキングはこちら


羽倉(はくら)

羽倉(HAKURA)のランドセル

ここ数年工房系で人気となっているのが羽倉で、2019年度は9月、2021年度は10月に全モデル完売となっています。

羽倉は工房系にも関わらずたくさんのカラーを取り揃えているのが特徴です。

2021年度からは新たに数量限定で「オーダーメイド」がシリーズに追加されました。

羽倉の新作は毎年注目を集めており、昨年は早期に紙のカタログ配布が終了しています。

2022年度も人気となることが予想されるので、確実にカタログを入手したい人は早めに申し込みしておきましょう!

羽倉のカタログ申し込みはこちら


工房兼ショールーム

住所 兵庫県豊岡市泉町15番11号
TEL 0796-23-2536
定休日 水曜・木曜・第2.4土曜
営業時間 9:30-16:30

羽倉の口コミやランキングはこちら


萬勇鞄

萬勇鞄

萬勇鞄は鞄工房山本と同じくランドセルの種類が豊富で、2020年度、2021年度ともに10月に全品完売となりました。

デザインごとに素材を選べるランドセルが多く、中でも人気なのがコードバンを使用したモデルです。

毎年夏前には完売することが多いので、早めにチェックする必要があります。

職人さんがひと針ひと針、力加減を調整しなら縫って仕上げるため、丈夫で壊れにくいランドセルとして評判が高いです。

工房系のランドセルを検討していてデザインを重視したい人は、早めにカタログを申し込んで販売開始に備えましょう!

萬勇鞄のカタログ申し込みはこちら


ショールーム

住所 愛知県あま市甚目寺山之浦111番地メルコビル2F
TEL 052-485-7899
定休日 不定休
営業時間 10:00-18:00(販売期間以外10:00-16:30)

萬勇鞄の口コミやランキングはこちら


タイプ別「ラン活攻略」アドバイス!

ラン活で失敗しないために、4つのタイプごとにおすすめのモデルをまとめました。

ランドセル選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

コードバン、牛革ランドセルが欲しい人

コードバンや牛革を使ったランドセルが欲しい人は、できる限り早めに候補を見つけて購入しましょう。

特にコードバンのモデルは素材が少なく少量生産のため、どのブランドでも売り切れるのが早いです。

コードバンや牛革モデルをたくさん扱っているのは、やはり工房系のブランドです。

その中でも特にモデル数が豊富で人気が高いのは、下記の4ブランドです。

コードバン 牛革
黒川鞄工房 5モデル 7モデル
鞄工房山本 5モデル 12モデル
萬勇鞄 4モデル 14モデル
土屋鞄 4モデル 8モデル

断トツ人気なのは黒川鞄工房ですが、他のブランドも素材にこだわったコードバンモデル・牛革モデルを販売しているので、気になる人はチェックしてみてください。

軽さや背負いやすさを重視したい人

軽さや背負いやすさを重視して選びたい人は、単純な「ランドセルの重量」だけではなく、「身体にフィットする工夫があるか」どうかしっかりチェックしましょう。

有名なのはセイバンの「天使のはね」ですが、このような身体にフィットする工夫があるかどうかで、実際に感じる重さがかなり変わってきます。

これは展示会などに行って実際に背負ってみればはっきりわかるので、時間がある人はぜひ一度足を運んでみてください。

背負いやすさという点でおすすめなのは、下記の5ブランドです。

何の工夫もしていないランドセルと比べると、身体にかかる負担がはっきり違うのがわかると思います。

特に大事なのが背カンと肩ベルトなので、ランドセルを比べる際はぜひこの2つをチェックしてみて下さい。

夜道で安全な光るランドセルが欲しい人

デザイン性だけでなく、夜道の安全性でも注目されている「光るランドセル」。

毎年採用するブランドが増えていて、今年はセイバンが「スゴシリーズ」で光るモデルを発売しました。

光るランドセルを選ぶ時のポイントは、なるべく光る面積が多いものを選ぶことです。

ワンポイントで反射板が入っているだけでは目立ちにくいので、フィットちゃんの「安ピカッ」のように縁全体が光るモデルや、「カバンのフジタ」のように光る面積が大きいモデルを選びましょう。

特に今年はカバンのフジタが業界初の「牛革モデルの光るランドセル」を発売したので、気になる人はぜひチェックしてみて下さい。

※数量限定なので、早めのチェックをおすすめします。

できるだけ安く購入したい人

ランドセルをできるだけ安く購入したい人は、購入するタイミングがとても大事です。

価格帯が安いブランドを探すのもありですが、それよりもシーズン後半に行われる「アウトレットセール」や「展示品セール」を狙った方が安く買えるチャンスがあるからです。

これらのセール時にランドセルを購入すると、定価の30%から60%OFFの超お得な価格で購入することができます。

2021年度にアウトレットセールを行っていたのは下記のブランドです。

上記のうち澤田屋だけはアウトレットセール等を行っていませんが、もともとの販売価格が安いので、一覧に加えておきました。(3万円台で購入できるブランドです)

セールを狙う場合はタイミングが大事なので、9月以降を目安に各ブランドの最新情報をチェックして下さい。

このサイトでも随時お知らせしていくので、ブックマークしておくと便利です。

ラン活でよくある失敗例と対策

情報が多すぎてどこを選べば良いかわからない

今はインターネット経由で本当にたくさんの情報が手に入る時代なので、逆にどれを選べば良いか迷ってしまうという人も多いです。

そんな場合は、ランドセルを選ぶ上での「優先順位」を2つ決めてみましょう。

例えばコードバンや牛革などの「素材」なのか、ランドセルの「重さ」なのか、あるいは「価格」なのか。もちろん「色」や「デザイン(見た目)」でもかまいません。

あまり多すぎては意味がないので、お子さんと相談した上で、優先したいものを2つ選びます。

その上で該当するランドセルがどれなのか探せば、ある程度は候補が絞り込めるはずです。

あとはカタログを取り寄せたり、展示会で実物を見たりして、最終的な判断をするのがベストです。

子どもの意見と考えが合わなくて困っている

これもラン活中の親御さんの中ではよくある悩みの一つです。

当サイトが独自に行ったアンケートでは、最終的な決定は子どもの意見でという家庭が半数以上でした。

購入を決定する人

しかし6年間という長い期間使うことを考えると、子どもの意見だけで選ぶのはちょっと心配という気持ちもわかります。

こんな場合は、子どもがどんな点を気に入ってランドセルを選んでいるのかをよく聞いてみましょう。

デザインなのかカラーなのか、それとも他のポイントなのか?それを確認した上で、似たようなタイプでより背負いやすいランドセルがないか調べてみましょう。

いくつかの候補を比べてみることで、親と子ども双方が納得できるランドセルが見つかる可能性があります。

流行のランドセルを購入するのに不安がある

人気のカラーやデザインは時代とともに移り変わるので、6年後を考えると少し不安に思う人もいるかもしれません。

比較的シンプルなデザインであれば問題ありませんが、あまり派手なデザインやカラーを選んでしまうと、高学年になってから恥ずかしいと感じる子どもいるので注意が必要です。

もし心配な場合は、一緒に入学する友達の家に聞いてみたり、一つ上の学年の子どもたちがどういったランドセルを背負ってるか確認してみましょう。

周りで同じようなランドセルを使っている子が多いなら、浮いてしまう可能性は少なくなります。

ラン活に乗り遅れてしまった場合は?

ラン活に失敗してしまい、欲しかったランドセルが売り切れてしまった…という人もいると思います。

もしどうしてもお目当てのランドセルが欲しい場合は、以下の3つの方法を試してみてください。

  • 再入荷・キャンセル待ちができないか確認する
  • 大手通販ショップの委託販売をチェックする
  • 地元の百貨店などに行ってみる

まずは、公式サイトを定期的にチェックして、再入荷・キャンセル待ちで購入できないか確認してみましょう。

その際、店舗やショールームに在庫が残っていないかあわせてチェックしておきましょう。

また、公式サイトで完売していても、委託販売先(百貨店や量販店など)では、在庫が残っている場合があります。

三越伊勢丹や小田急などの百貨店、またはイオンの通販サイトなどをチェックし、在庫が無いか確認してみてください。

確認して通販がダメだった場合でも、店舗に在庫が残っている場合もあります。

可能性は少ないかもしれませんが、ダメ元で地元の百貨店に足を運んでみてください。

まとめ

ラン活は年々前倒しになっているため、お目当てのランドセルを購入するには、早めにカタログ請求するのがポイントです。

特に「黒川鞄」では、販売開始前に紙のカタログ配布が終了してしまうため、申し込み開始日をチェックして、すぐに申し込みしておきましょう!

カタログを取り寄せてして気に入ったモデルが見つかったら、サイトで会員登録するなど予約するための準備をしておいてください。

これからランドセルを購入する人で、実際に展示会に行って実物を見たい人は、以下のページで最新情報を更新してします。

メーカー別、地域別に分かりやすくまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

【最新】カタログ・展示会情報一覧はこちら

【更新履歴】