女の子に人気が高いランドセルランキング2019

人気ブランドのランドセルは早期予約が決め手!

人気ブランドのランドセルは早期予約が決め手!

売り切れ注意!工房系ブランドが品薄状態に

7月後半に入り、工房系ブランドの売り切れが徐々に増えてきました。

「中村鞄」や「ランドセル工房生田」ではすでに2019年度モデル全品が完売し、
「萬勇鞄」や「カバンのフジタ」でも、一部品薄モデルが出はじめています。

去年を振り返ってみても、7月中に完売するブランドが多かったので、
工房系ブランドを検討している人はそろそろタイムリミットかもしれません。

欲しいブランドが完売する前に、なるべく早めにチェックしましょう!

萬勇鞄の公式サイトはこちら

カバンのフジタの公式サイトはこちら

TVCMや雑誌などで紹介されている人気のブランドは、
売り切れてしまうスピードがとても早いです。

ここ数年は特に「工房系ランドセル」の人気が高く、
販売開始から数日もたたず売り切れてしまうブランドもあります。

人気があるランドセルはすべて「早い者勝ち」。
気に入ったランドセルがあったら、早めに予約しておくのが鉄則です。

ここでは、昨年の販売状況からみた売り切れやすいブランドや、
ランドセルが売り切れるタイミングについて解説します。

「欲しいモデルが買えなかった」とならないように、しっかりチェックしましょう!

【目次】人気ランドセルの売り切れに注意!
  1. 売り切れやすい人気ブランド一覧
  2. 売り切れてしまったランドセルを手に入れる方法は?
    1. 再入荷・キャンセル待ちを狙う
    2. 大手通販ショップの委託販売をチェック
    3. ダメ元で地元の百貨店などに行ってみよう
  3. 人気ブランドを購入する際の注意点

売り切れやすいブランド一覧

昨年の販売状況をもとに「売り切れやすいブランド」をまとめました。

これらのランドセルショップで人気のあるモデルは、
今年度も早い段階で売り切れてしまうと予想されます。

特に週末にかけて一気に売れて完売するケースが多いので、
今在庫ありのランドセルでも、油断しないようにしましょう。

ブランド名 6月後半時点の在庫
萬勇鞄 一部品薄モデルあり
カバンのフジタ 一部完売あり、品薄モデル多数
羽倉(HAKURA) 一部品薄モデルあり
モギカバン 完売、品薄モデル多数
土屋鞄 完売、品薄モデル多数
鞄工房山本 一部品薄モデルあり
中村鞄 ※全品完売
ランドセル工房生田 ※全品完売

昨年度を振り返ると、やはり工房系のショップは在庫数が少ないため、
7月中に完売するブランドが多く、その他のブランドも秋にはかなり品薄でした。

また、大手で在庫がたくさんある「セイバン」や「フィットちゃん」でも、
限定生産モデルなど、一部のランドセルは夏休み中に売り切れていたので、
大手だからといって油断しているとまずそうです。

さすがに大手の場合、全品が完売する可能性は低いですが、
一部の人気モデル・人気カラーの売り切れは普通に起こるので、
気に入ったものが見つかったら早めに購入しておきましょう。

特に人気が高いブランドの口コミについては、
下記のページでまとめているのでぜひ参考にして下さい。

「萬勇鞄」の口コミを見る

「セイバン」の口コミを見る

「カバンのフジタ」の口コミを見る

「フィットちゃん」の口コミを見る

売り切れてしまったランドセルを手に入れる方法は?

ここ数年話題になっている「ラン活」の影響もあり、
人気ブランドが売り切れるタイミングは一気に前倒しになりました。

新作モデルがネットの口コミで話題になり、
さらにSNSで拡散されて当日中に完売…などというケースもあります。

パッと見で「たくさんのモデルやカラーがあるから大丈夫」と思っても、
工房系ブランドはもともと生産できるが少ないので、
人気が集中するとあっという間に売り切れてしまいます。

欲しいモデルが決まっている場合には、後回しにせず、
すぐにでも申し込むようにしましょう。

それでも買い逃してしまったという人は、
可能性は低いですが、以下の方法で購入できないか調べてみましょう。

再入荷・キャンセル待ちを狙う

一部のブランドでは、一旦ランドセルが完売した後でも、
再入荷、またはキャンセル待ちで購入できるケースがあります。

どのタイミングで再入荷がかかるか読めないので、
不確実な期待ということになってしまいますが、
2018年度でも実際に再入荷がかかった工房系ブランドはありました。

もしどうしても気になるブランドがあるなら、
完売した後も諦めずに、定期的に公式サイトをチェックしてみましょう。

このサイトでも、最新情報は随時更新していくので、
時間がある時にこまめにチェックしてみて下さい。

2019年度ランドセル最新情報はこちら

大手通販ショップの委託販売をチェック

意外な盲点となっているのが、大手通販ショップの委託販売です。

これは各ブランドの「公式サイト」から購入するのではなく、
三越伊勢丹や小田急などの百貨店、またはイオンの通販サイトなど、
他社のサイトで委託販売されている在庫を狙う、という意味です。

実際に2018年度でも、早々に完売してしまった「萬勇鞄」のランドセルが、
通販サイトの「シャディ」で購入できた時期がありました。

これは意外と知られていない情報なので、ぜひ覚えておきましょう。

注意点としては、他社での委託販売の場合、
修理保証などの重要なアフターフォローはついていますが、
ラッピングなどの一部サービスが未対応の場合があります。
気になる人は、購入前に問い合わせて確認しましょう。

委託販売情報についても、わかり次第随時更新していきます。

2019年度ランドセル最新情報はこちら

※上記で説明しているのは、「正規の委託販売」についてです。
ブランド側が認めていない「非正規の委託販売(転売サイト)」や、「オークション」などで購入した場合には、修理保証なども対象外になる可能性があるので注意しましょう。

ダメ元で地元の百貨店などに行ってみよう

最後の手段は、ダメ元で地元の百貨店などに実際に行って、
運良く「店頭在庫」が残っていないか調べてみることです。

ネットショップの在庫と、実店舗の在庫を、
別々に管理しているケースがあるので、わずかですが可能性はあります。

店頭在庫を探す場合、都心部だと逆に見つけづらく、
都心から少し離れた郊外店などで見つかるケースもあるので、
どうしても諦めきれない場合は、地元のお店を探してみましょう。

人気ブランドを購入する際の注意点

最後に、人気ブランドのランドセルを購入する際に、
忘れがちな注意点を一つ紹介します。

それは、購入したのが比較的早い時期であったとしても、
手元に届くのが入学直前になることもある、という点です。

特に工房系ブランドでよくあるのですが、
購入したのが前年の夏前でも、手元に届くのは翌年の2月、
などというケースもあります。

なぜこのようなことが起きるかというと、
人気ブランドの場合、販売開始と同時に注文が殺到するので、
それを全て作り終えるまでに、かなりの時間がかかるからです。

わかりやすく言うと、「完売間近」=「手元に届くのは入学間近」、
ということになるので、念のため覚えておきましょう。

さすがに入学式に間に合わないということはないはずですが、
もしプレゼント用として購入を検討しているなら、
「すぐには手元に届かない」ということを知っておかないと、
困ったことになるかもしれません。

人気ブランドのランドセルを買う場合は注意しましょう。

まとめ

今回解説したように、人気ブランドのランドセルは、
年々入手が難しくなってきています。

本来であれば展示会などで実物を見た上で、
じっくり検討したいところですが、
それを待っていると間に合わないというケースもあります。

気になるブランドがあるなら、
販売開始前からカタログを取り寄せるなどして、
できる限りの準備を進めておきましょう。

ブランドによって発売開始時期はバラバラなので、
気になるブランドが複数ある場合は迷ってしまいますが、
「買えるうちに買っておく」という割り切りも大事です。

後で買えなかったと後悔することがないように、
なるべく早めに家族で相談して、どのランドセルにするか決めましょう!

男の子に人気が高いランドセルランキング2019

関連するページ

軽いランドセルのおすすめは?軽量ランドセルの丈夫さと注意点
クラリーノ(人工皮革)ランドセルの特徴とメリット・デメリット
【2019年度】ラン活はいつから?年々早くなるランドセルの売り切れ問題
ランドセルをリメイクで再利用!安い料金で財布等に加工できる工房一覧
処分するなら寄付しよう!卒業後のランドセルのリサイクル方法まとめ
横型ランドセルのメリットの特徴と注意点
女の子に人気があるデザイン、カラー(色)について
男の子に人気があるデザイン、カラー(色)について
牛革(本革)ランドセルの特徴とメリット・デメリット
6年間使い続けるためには保証が付いたランドセルがおすすめ
A4サイズのファイルが入るランドセルが便利でおすすめ
型崩れしにくいしっかりしたランドセルがおすすめ
レクサスが15万円の超高級ランドセルを発売!?
土屋鞄の「大人ランドセル」は新しいビジネススタイル
金属アレルギーの子供はランドセルの背カンや肩ベルトに注意しよう
暑い地域に住んでいる人は通気性の良いランドセルがおすすめ
通販でランドセルを購入する場合は詐欺サイトに要注意!
ネットオークションでランドセルを購入する際の注意点
合同ランドセル展示会2017が開催されます。
工房系のランドセルブランドは制作現場を見学できるところもある
車椅子用のランドセルの特徴
ページの先頭へ戻る