サンシャイングラッドの詳細と口コミまとめ

サンシャイングラッド(カバンのフジタ)

価格 72,000 円(税込)
送料 無料
素材 牛革、アーシック、ふっくら天然牛革
重さ 1,450g前後
A4対応 A4フラットファイル対応
修理保証 6年間保証(無料修理)
返品交換 到着後7日間以内
カラー クロ/クロ、アカ/アカ

公式サイトで詳細を確認する

ランドセルを選ぶときに悩むのが素材をどれにすべきか、ということ。

軽い人工皮革のランドセルも良いけど、
やっぱり使うたびに馴染んでくる牛革のランドセルは素敵ですよね。

お子さんが通う学校が自宅から近く、ご両親も小学生の頃牛革せいのランドセルで、
特に問題なく使っていた場合に選ぶことが多いようです。

フジタのランドセルの中でも上位モデルであるサンシャイングラッドは、
職人の技がキラリと光る総牛革のランドセルとして人気があります。

職人の最高傑作、総牛革ランドセル

総牛革でランドセルを作るのは非常に難しく特別な技術が必要で、
日本でそれが出来るのはたった数人程度です。

フジタは山形の老舗ブランドですが、雪が多い地域なので、
雪の中でも安全に使用できるランドセルが必須となります。

そのため長い年月をかけ、親御さんの声に耳を傾けながら、
いくつものランドセルが生み出されました。

しかし全てのパーツに牛革を使用してランドセルを作るのは、本当に難しいのです。

内装には荷物による傷にも強いアメ豚が使われて、
高級感あふれる仕上がりとなっています。

使い込んでいくうちに傷をつけることもあるでしょう。
しかしそれがだんだん自然に馴染んでいき、天然皮革の独特な風合いと合間って、
6年後には新品とはまた違った思い出あふれるランドセルになりますよ。

シボ加工で洗練されたデザイン

革製品には表面の加工によって、風合いが変わります。
表面に立体的な凹凸の「シボ」と呼ばれるシワをつけることで、
傷や汚れがついても目立ちにくいという特徴です。

確かに水には弱いのが天然皮革のデメリットと言えますが、
工房でしっかり防水処理を行っており、さっと拭き取るだけのお手入れで済みます。

雪の多い山形にあるお店ならではの、知恵の結晶とも言えるでしょう。

アカとクロの定番カラー

サンシャイングラッドは、落ち着いた赤色とシックな黒色の定番カラー、
素材が総牛革という高級感漂う上位モデルです。
ステッチも本体の色とお揃いで、過度な装飾は全くないシンプルデザインとなります。

ベーシックの代表でもある赤と黒のランドセルは、
どうしても迷ったときに最終的にたどり着く色かもしれません。
悩んで決めたとしても、定番カラーは飽きがこないので、後悔しないのではないでしょうか。

あれこれ飾らなくても黒や赤は、
その持ち主に品格を上品に見せる作用があるでしょう。

ちなみに男の子のランドセルが黒と決まったのは明治23年の学習院心得からで、
長い歴史を持っているのです。

サンシャイングラッドの収納の開口部には、
「しっかりくん」と呼ばれるピアノ線を用いた独自の補強がなされており、
総牛革でもつぶれにくい構造となっています。

6年間使うものだからこそ、
温もりある良い物を贈りたい、という親御さんにお勧めのランドセルです。

ランドセルの口コミ

クチコミ評価:良い

息子は体格が良く、年齢以上に見られます。近頃のコンパクトタイプのランドセルを背負わせると、小さく見えてしっくりきませんでした。

サンシャイングラッドは重量もそこそこあり、どっしりとした作りが気に入りました。総牛革で全体的に高級感も漂います。

特にこれといってデザインのない普通のシリーズですが、背負い心地にピンときたようで、息子は「これが良い!」と自ら決めました。良いランドセルに出会えて良かったです。

クチコミ評価:普通

最初は別のランドセルにしようと思ってました。でもサンシャイングラッドを手にとったら、6年間長持ちするのはこれしかない!と思うほど、頑丈で贅沢な仕様でした。

天然皮革は毎日使うことで体になじむというのも良いですね。ただ1400g以上という重さが1番の懸念点でした。学校から自宅まで距離が近い、背負うのは男の子、という視点で最終的に選びました。

クチコミ評価:悪い

祖父母がランドセルをプレゼントしてくれるというので、候補に出たのがサンシャイングラッドです。定番デザインですが人工皮革と並べると、その差は歴然。総牛革はやはり違います。

娘も喜んでくれるかな?と聞いてみると、普通すぎるので嫌がってしまいました…。意見を聞かないわけにいかないので、残念ながら別のものに変更しました。

ランドセルの口コミ投稿はこちら

サンシャイングラッドの詳細はこちら

ページの先頭へ戻る