スムース牛革(黒川鞄工房)の詳細と口コミまとめ

※スムース牛革は男女兼用モデルです。

スムース牛革(黒川鞄工房)

税込価格 73,440円〜84,240円
送料 無料
素材 牛革
重さ 1,480〜1,580g前後
A4対応 A4フラットファイル対応
修理保証 6年間保証
返品交換 到着後8日以内(不良品の場合のみ)
カラー 【ワイド】黒・黒×ブルー・紺・茶・キャメル・赤・チェリー・アクア×ピンク・ラベンダー×ピンクなど全14色
【ビッグ】黒・黒×ブルー・紺・茶・キャメル・赤・チェリー・ワイン×ピンク・キャメル×ピンクなど全12色

スムース牛革ワイドの詳細を確認する

スムース牛革ビッグの詳細を確認する

黒川鞄のスムース牛革は、革素材の王道とも呼ばれるスムース牛革を使った、
上品でなめらかな手触りのランドセルです。

ワイドとビッグの2種類の大きさがあり、
A4フラットファイルもラクラク収納、荷物がたくさん入ります。

工房系ランドセルには珍しい大容量ランドセルで、
売り切れ必至の大人気モデルとなっています。

販売開始後の早い段階で売り切れのカラーが出るほどの人気なので、
できるだけ早めにカタログ請求や予約をしておきましょう。

ランドセルの特徴と比較

本革ランドセルは、大容量モデルが少なく、
容量で選ぶとどうしても人工皮革のモデルになってしまいます。

本革にこだわりたい人にとって、素材を取るか容量を取るかが悩みどころ。

でもスムース牛革なら両方を兼ね備えているので、
素材も容量も譲りたくない!というワガママな要望を叶えてくれます。

特徴

スムース牛革の特徴は、何と言っても素材の良さ。

上質な牛革を特殊加工し、牛革本来の美しさと手触りを残したまま、
雨や雪、傷に強い、耐久性に高いランドセルに仕上げています。

さらに、大容量であるところも大きな特徴です。

スムース牛革ワイドは、A4フラットファイルがラクラク入るワイドタイプ。
スムース牛革ビッグは、さらに内容量をアップさせた大容量タイプ。

教科書のサイズがB5サイズからA4サイズに代わったり、
配布物の大きさもA4サイズが一般的となりました。

また、参考書の量が増えたり、教材が増えたりなど、
子供たちの荷物量の増加に伴って、ランドセルの容量をアップさせました。

ランドセル比較

素材にこだわった牛革ランドセルは、色々な工房で作られています。
同じ工房系の「鞄工房山本」と「土屋鞄」と比較してみました。

黒川鞄 鞄工房山本 土屋鞄
商品名 スムース牛革ビッグ レイブラック 牛革ベーシックカラー
価格 84,240円 67,000円 70,000円
重さ 約1,580g 約1,370g 約1,390g
カラー 全12色 全4色 全10色
内寸 高さ31p×横幅23.5p×マチ12p 高さ31p×横幅23.3p×マチ12p 高さ31p×横幅23.2p×マチ11.5p

表を見てわかる通り、他の牛革ランドセルと比較して、
スムース牛革ビッグは、内寸のサイズが広くなっています。

牛革ランドセルは、大容量ランドセルが少ない中で、
スムース牛革ビッグは荷物がたくさん入る大容量タイプです。

カラーバリエーションも豊富で、男の子のカラーも女の子のカラーも、
個性に合わせて選べるように用意されています。

ランドセルの口コミ

クチコミ評価:良い

牛革ランドセルなのに軽くて背負いやすいので驚きました。

肩ベルトが立ち上がっていて、背中にピッタリフィットするので、子供たちが重さを感じにくくて安心です。

両側にナスカンが付いている、自動開閉錠前が付いているなど、使いやすさや機能面に関しても大満足。

作りが丁寧でしっかりしているところも気に入っています。

クチコミ評価:普通

大容量なのに軽いという事で選ばせてもらいました。

カラーは赤を選びましたが、真っ赤ではなく落ち着いた感じでした。

背あてのハートも可愛くて、娘もとても気に入っています。

落ち着いた雰囲気なのに、ちょっとしたところに女の子らしさが散りばめられていて、シックでおしゃれな雰囲気なので、6年間安心して持たせられます。

鍵が収納できる前ポケットや、目立たないように施された反射材など、見た目と機能性にも優れていると思います。

クチコミ評価:悪い

大容量といっても、やはり他社の人工皮革ランドセルと比較すると大きさも収納力も全然違うと思いました。

さらに、牛革なので、やはり重いですよね。荷物をたくさん入れてしまうと、子供に負担がかかるのではと思ってしまいました。

上質な牛革を使っているというのはとても魅力でしたが、学校への道のりも遠いので、人工皮革の軽いランドセルを選びました。

ランドセルの口コミ投稿はこちら

スムース牛革ワイドの詳細はこちら

スムース牛革ビッグの詳細はこちら

ページの先頭へ戻る