ランドセルの壊れやすい箇所と故障の原因について

ランドセルの壊れやすい箇所と故障の原因について

ランドセルは6年間使用するものであるため、とても頑丈に作られています。しかし、毎日たくさんの荷物を入れること、そして何より子どもが使っているということもあり、使っている途中に壊れてしまうこともあります。どのような箇所が壊れやすく、またどのように扱うと壊れてしまうのか、確認していきましょう。

ランドセルのここが壊れやすい!壊れてしまう原因は?

ランドセルは、大小さまざまな素材やパーツを組み合わせてできています。そのため、衝撃や力が加われば、バラバラになってしまいかねません。使っている素材や作り方は、メーカーや製品ごとに異なるものの、どのランドセルでも壊れやすい箇所はだいたい決まっています。具体的なパーツと原因を見ていきましょう。

大マチ

教科書や荷物を入れる大マチは、箱型になっているという構造上、つぶれたり歪んだりしやすい箇所です。メーカーはマチの周りに硬いプレートを入れるなど、変形や型崩れを防ぐ設計をしていますが、それでもつぶれたり変形したりしたランドセルを背負っている子を目にすることもあります。

普通に使用していても歪んでしまうことがありますが、故障の原因で一番多いのは、上に乗る、椅子のようにして座る、おしりの下に敷いて滑るなど、ランドセルに力をかけることです。そのほか、ランドセルを背負ったまま壁に寄りかかることも、変形やつぶれの原因になります。

肩ベルト

ランドセルは本体だけでも1〜2キロあるうえ、教科書などが入ることによって、さらに重くなります。肩ベルトはこの重さを支えることから、力がかかって壊れやすいパーツです。普通に使っていても、糸がほつれたりひび割れたりすることがありますが、引っ張って切れてしまうこともあります。

背カン

ランドセルの本体と肩ベルトをつなげている部分が、背カンです。背負いやすさに関わるとても重要なパーツで、固定式のものと左右に動くスライド式のものがあります。

肩ベルトと同じく、かなり力がかかるので、普通に使っていても故障しやすいです。本体から肩ベルトが取れてしまうほか、スライド式の場合は背カンの動きがにぶくなってしまうなどします。肩ベルトが取れてしまえば、背負うことができません。また、動きがにぶくなると背負いにくくなり、肩が痛くなる恐れもあります。

錠前

ランドセルの開閉ができなくなる錠前自体の故障、そしてランドセル本体の錠前がついている部分が切れる故障の2つが考えられます。錠前部分が切れる原因の一つには、強く引っ張ってしまうことがあります。少し離れた位置からランドセルを取るなどして、錠前部分を持って引きずると取れてしまうこともあるので注意しましょう。

また、錠前にはオートロック式の自動錠前と自分で開閉する手動錠前の2種類あり、それぞれ故障の原因が異なります。

自動錠前

オートロック式なので開閉がとても簡単である一方、壊れやすいとも言われています。砂やゴミなど小さなものが入りこんだり、手動で無理な力を加えたりしても、壊れてしまいます。

手動錠前

自分で開閉するので、自動錠前よりは壊れにくいとい言われています。しかし、無理な力を加えるなどして錠前自体が曲がってしまうと、使えなくなってしまいます。

ナスカン

ナスカンとは、ランドセルの横に給食袋などをかけるフックのことです。メーカーによって異なりますが、15〜30キロほどの大きな力が加わると、フックにかかった荷物の巻き込み防止のため、外れる仕様になっています。

登下校時に友達とふざけて引っ張りあっていると、簡単に外れてしまうこともあるかもしれませんが、一度外れると元に戻せないことがほとんどです。

かぶせ

ランドセルのふた部分であるかぶせは、柔らかいため、傷や折り目ができてしまいやすいパーツです。かぶせ部分を下にして引きずって傷をつけたり、かぶせを折り曲げたままにしてシワをつけたりしてしまうことが多いです。

面積が広い分、傷や折り目が目立ってしまいます。傷をつけたくない人は、ランドセルカバーをつけてみることをおすすめします。

壊れてしまった場合はどうしたらいい?

ランドセルの修理を依頼すると費用や時間がかかるため、なんとか自分で直せないかと考える人もいるかもしれません。しかし、どのパーツにしても、自分で修理することはおすすめしません。壊れてしまった場合、まずは購入したメーカーに問い合わせてみましょう。自分で修理できそうな場合は、その方法を教えてくれることもあります。

大マチ背カン

変形やつぶれを直そうと力を加えると、かえってひどくなってしまう可能性があります。芯になっている素材は硬く特殊なものを使用していること、また、マチ表面の縫い目をほどかないと取り出せないことなどから、かなり大がかりな作業が必要です。

肩ベルト

ベルトは硬くて厚いため、自宅で補修する場合は、きれいに縫えないケースがほとんどです。一見、上手に直せたように見えても、負荷がかかる部分なので耐久性や安全性に不安が残ります。

背カン

背カンはプラスチックや金属でできているケースが多いため、折れたり取れたりした場合は、自力で直すのは困難です。

錠前

自動錠前も手動錠前もいずれも金属でできているので、特殊な機械がないと加工することは難しいです。自動錠前は特に作りが複雑なので、自宅で分解などすると、元に戻せなくなってしまう恐れがあります。

ナスカン

ナスカンは簡単に壊れやすいということもあってか、アフターサービスを行っているメーカーは多いです。新しいものを送付し、自宅での修理方法を教えてくれます。ランドセルの購入元に連絡してみましょう。

かぶせ

傷の場合は、市販のクリームなどで補修できることもあります。しかし、クリームも万全ではないこと、使用にコツがいること、ツヤなしの製品がツヤありになってしまうなど素材感が変わってしまうこと、場合によっては色落ちや色ムラなどランドセルにダメージを与えてしまうことなど、さまざまなリスクも視野に入れておきましょう。

また、シワを伸ばすためにアイロンやドライヤーなどで熱を加えると、縮みや焦げなどが生じる可能性があります。

ちょっとした故障だったり、使う際に支障がない故障だったりすると、修理に出すことなくそのままにしておくことも多いかもしれません。しかし、安全性に関わる故障もあるので、気がついたらなるべく早めに修理に出すことをおすすめします。

まとめ

何よりも大切なのは、子どもがふざけてランドセルを壊してしまう事態を少しでも減らすことです。故意による故障での修理は、保証期間内とはいえ修理費用がかかってしまいます。また、基本的には購入した店舗またはメーカーでしか修理をしてもらえません。

そのため、「ランドセルを遊びに使わないこと、大切に扱うこと」を子どもに改めてしっかりと説明し、約束しましょう。まだ幼さの残る入学式から、少し大人っぽくなった卒業式まで、故障することなく無事にランドセルを使うことができるといいですね。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る