ランドセルの捨て方は?燃えるゴミとして処分していいの?

ランドセルの捨て方は?燃えるゴミとして処分していいの?

「不要になったランドセルはどうやって処分すればいいの…?」と捨て方が分からない人は多いのではないでしょうか。

こちらでは、ランドセルの処分方法についてまとめます。

なお、「ランドセルのリメイク」や「ランドセルの寄付」については別のページでまとめています。リメイクや寄付を検討している人はそちらをご覧ください。

ランドセルの処分方法

ランドセルを処分する場合、各自治体の処分方法に従って処分します。どのように処分したらいいのか、例を挙げて見てみましょう。

カバン類だからといって燃やすゴミとは限らない

通常、カバン類は燃やすゴミとして処分する自治体が多いので、ランドセルも燃やすゴミとして処分するのが一般的です。

ただし、金具の部分は燃えないため、外してから出すようにしてください。

また、人工皮革の場合、有害物質の発生などの懸念されるため、自治体に確認してから出すことも忘れないようにしましょう。

ランドセルメーカーによっては、クラリーノでも安心して燃やせると明記している場合があるので、その場合は安心して燃やすゴミに出すことができます。

何ゴミで出すかは自治体ごとに決まっている

ランドセルの処分方法は、自治体によって細かく定められています。

燃やすゴミに出す地域、燃えないゴミに出す地域など、地域によって処分方法が変わってきます。

中には、本体は燃やすゴミ、金具類は燃えないゴミと言う具合に、細かく指定されている場合もあります。

処分前に、住んでいる地域の自治体に確認してみましょう。

主要都市の捨て方一覧

地域 処分方法 備考
新宿区 粗大ゴミ
品川区 可燃ごみ
世田谷区 可燃ごみ・粗大ごみ 一辺が30㎝以上のものは粗大ごみ扱い
横浜市 可燃ごみ
大阪市 可燃ごみ・粗大ごみ 一辺が30㎝以上のものは粗大ごみ扱い
京都市 可燃ごみ 府が寄付を推奨
神戸市 可燃ごみ・不燃ごみ 金属パーツが簡単に外せない場合は不燃ごみ
名古屋市 粗大ごみ
広島市 不燃ごみ 丈夫なポリ袋に入れて出す
福岡市 不燃ごみ 袋に入れて口が縛れないものは粗大ごみ
熊本市 可燃ごみ 極力金属パーツを取り外す
札幌市 可燃ごみ
那覇市 可燃ごみ

この他の地域の場合は、各自治体のホームページで確認することができます。

「自治体名」と「ゴミ」や「分別ゴミ」、「ランドセル」などのキーワードを入れると、各自治体での処分方法を検索することができます。

また、探しても見つからなかったり、ネット検索は苦手…という人は、役所に電話して処分方法を聞くという方法もあります。

捨てる前に再利用も考えて!

不要になったランドセル、そのまま捨ててしまうのはもったいないと思いませんか。

6年間も使い続けた思い出の品なので、できるだけ有効活用したいですよね。捨てる前に、次の方法でランドセルをリサイクルしてみましょう。

財布やキーホルダーなどにリメイク

思い出のランドセルは、形を変えていつまでも残しておくことができます。

各ランドセルブランドや、革製品の工房、ランドセルリメイク専門店など、ランドセルを加工してくれるところはたくさんあります。

財布、キーホルダー、スマホカバー、パスケースなど、中学生や高校生になっても使い続けることのできる商品にリメイクすれば、いつまでもランドセルの思い出を残したまま有効活用できます。

リメイクに関する詳しい内容はこちらで詳しくまとめているので、あわせてチェックしてみてください!

ランドセルのリメイク工房まとめはこちら


被災地や海外へ寄付する

捨ててしまうくらいなら、必要としている人のために役立てるのもおすすめ。

被災地でランドセルをなくしてしまった子供たちや、ランドセルを買うお金がない海外の子供たちへ寄付することができます。

各自治体や、ランドセルリサイクル業者など、寄付する場所は日本全国にあるので、捨てて無駄になってしまう前に、次の子供にバトンタッチしてあげましょう。

寄付に関する詳しい内容はこちらで詳しくまとめているので、あわせてチェックしてみてください!

ランドセルは寄付先まとめはこちら


状態が良いなら売れる場合も

最近のランドセルは、強度と耐久性に優れ、6年間使っても簡単に壊れることはありません。

そのため中古ランドセルのニーズも増えてきているので、状態が良ければリサイクルショップやフリマで売れることもあります。

特に、牛革やコードバンを使った高級ランドセルは、高額で買取してもらえる可能性が高いので、捨ててしまう前に一度査定してもらうことをおすすめします。

まとめ

不要になったランドセルを処分する場合は、各自治体の方針に沿って正しく処分するようにしましょう。

ただ、思い出のランドセルを簡単に捨ててしまうのはもったいないので、ランドセルリメイクやリサイクルを利用することなども、検討してみてください。

【更新履歴】