元気いっぱいの男の子には丈夫なランドセルを選びました

6年間使うランドセル、うちは男の子だったのでとにかく少々手荒に扱っても壊れない丈夫な物を選ぶことが一番重要でした。

我が家が購入したのは 縫い目や金具のしっかりした物、しかも6年間の保証付のランドセルです。

高学年になるにつれ 他の男の子のランドセルがぺちゃんこになっているにもかかわらず、うちの子のランドセルは 買った当時のままきれいで型崩れもしていませんでした。

お値段は売り場でも高いランクに入っていましたが、その品質に見合った値段でした。

卒業後は海外に寄付したぐらいきれいな状態でした。
高くても品質の良いものを選んだ方が結果的にはいいみたいです。

品質の良いランドセルはとても丈夫です

「海外の学校に通っていた頃はランドセルを使用していなかったから、
日本に帰ることになっても、向こうで使っていたリュックで、そのまま通わせようと思ったのだけど…
でもお友達がみんなランドセルだから、結局、ランドセルを買うことにしたの。」

元海外駐在員の方から、そんな話を耳にしました。

最初は途中でランドセルを購入するのは少々無駄ではないかと思われたようですが、
いざ、ランドセルを購入することになり、実際に欲しいランドセルを選ぶと、
本当に良かったと思われると同時に、とても驚かれたようです。

驚かれた原因の一つは、ランドセルの種類がたくさんあるということ、
そして、その品質の良さや性能の良さにも驚かれたということでした。

ランドセルではなかった時は、何度も通学のためのリュックを購入されたのですが、
いくら新しいリュックと取り換えても、重い荷物を毎日運んでいると、
すぐに破れてしまう、といった苦い経験をされたそうです。

確かにランドセルの場合、人気ブランドの商品などは、
色、デザインの種類が多いだけではなく、機能的にも優れており丈夫で、
重い荷物を入れても簡単に壊れることはありません。

また、一見外から見ると小学校低学年のお子様には大きく、重そうに見えたとしても、
背中に負担がかからないように色々な工夫がされていますから、
実際にはあまり重さを感じないようにできているのです。

ですから、幼稚園を卒園したばかりのお子さんが持って通うには大変そうに見えても、
実際には、多くのお子さんは特に苦労することなく、
ランドセルを背負って、毎日、学校に楽しく通うことができるのですね。

品質の良いランドセルは6年間使っても壊れることなく、
形の崩れがほとんど見られないような場合も少なくありません。

そんな日本の良質のランドセルの品質の良さは海外でも定評があります。

6年間使用した思い出のランドセルは、リメイクして手元に残すのも良いですが、
NGO団体などを通して、発展途上国の子供達へ寄付したりすることも可能です。

大切なランドセルが海を越えて、
また、再び、どこかの国の子供達に使ってもらえ、喜んでもらえると思うと、
お子様にも、ますます大事に使いたいという意識が芽生えるかもしれませんね。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る