購入時期が遅くなってしまったので選択肢が少なかったです

ランドセルを買うにあたって、親としてはシンプルでA4フラットファイルが入る大き目のものにしようと思っていました。

どうしてシンプルが良いかというと私は刺繍が入ったり派手なものは好みでないのと、6年生まで使うので飽きないものが良いかと。

大き目のランドセルが良いなと思ったのは学校では学習にプリントを使うことが多く、A4フラットファイルを持ち帰えりやすいようにするため。

あと、息子は忘れ物をよくするため、出来るだけランドセルに何でも入れて持ち帰れるようにしようと思ったからです。

息子のほうの希望として色は黒、縁取りが青というものでした。
男の子は意外と黒を選ぶ子が多いようです。

購入時期が遅かったのもあり(年明けでした)どちらの希望も満たすものは少数で選択肢はほとんどなかったのですぐ決まりました。

ランドセル選びはできるだけ早い時期から!

幼稚園の年長さんは何かと忙しい時期です。
「小学校の入学まではまだまだ時間があるし大丈夫」
と考えていたら、いつの間にか、周りのお友達はみんなランドセルを購入していて、
実際、ランドセル探しを始めたときには人気のランドセルはすべて売り切れだった、
ということもあるようです。

もちろん、人気のランドセルや最新デザインのランドセルが売り切れていて、
多少、古い型のランドセルになってしまったとしても、
ある程度、目的に適ったお気に入りのランドセルが見つかれば良いのですが、
残っているものは、すべてお子様の理想のランドセルには程遠い、
といったことになってしまったら、とても残念ですよね。

小学校に通うためには毎日必要な大切なランドセルですから、
できれば、理想に近いランドセルを選んであげたいものです。

今はネットで探すことも可能ですから、
全くランドセルを見つけられないということはないかもしれませんが、
最初から妥協して選ぶのではなく、できれば時間をかけて、
理想に近いものを探してあげてください。

そのためにも、ランドセル選びはできるだけ早めに開始することをおすすめします。

最近では、ランドセルの情報やカタログは早くから入手できますし、
ショールームに出かけて欲しいランドセルを探すのは、とても楽しいものです。

実際に背負ってみると、どんなランドセルがぴったりなのか、
また、機能やデザインの違いなども確認することもできます。

ぜひ、お子様にとって、最高のランドセルを手に入れてあげてくださいね。

男の子に人気が高いランドセルランキング

関連するページ

土屋鞄「牛革プレミアムカラー」の購入体験談
ニトリ「メチャピカわんぱく組」の購入体験談
セイバン「モデルロイヤルファンタジックナイト」の購入体験談
ニトリ「キラピカわんぱく組」の購入体験談
イトーヨーカドー「FineFitルミナスグレア」の購入体験談
セイバン「ワンパレーサー」の購入体験談
池田屋「防水牛革クラシックシワ加工」の購入体験談
イトーヨーカドー「フィットちゃんのロマンティックハートランドセル」の購入体験談
イオン「ベネトンくるピタチェンジBOY」の購入体験談
サンリオ「つばさひろげてランドセル」の購入体験談
土屋鞄「牛革ベーシックカラー」の購入体験談
池田屋「イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ」の購入体験談
セイバン「モデルロイヤルアリス」の購入体験談
LIRICO「ロデオBCタイプF」の購入体験談
セイバン「コンバースシンプルガール」の購入体験談
子供のセンスって親とは大きく違う!?
男の子のランドセルは選択肢が少ないように思えるのですが…
コードバンのランドセルを選びました
外見よりも内側に着目して選びました
小学校1年生には大きくないの?
ジェネレーションギャップ?親と子で意見が対立した場合は?
長く使う事を考えて買い直しました
ランドセルは祖母に買ってもらいました
実際に背負ってみて選びました
色やデザインのバリエーションが多く、選ぶのに苦労しました
シンプルで大容量のランドセルを選びました
軽さ、耐久性、メンテナンスの充実度を重視しました
6年間飽きずに使えるものを探すのに苦労しました
ランドセルはオーダーメイドで選びました
卒業後は思い出としてミニチュアサイズに!
双子の場合のランドセル選びは?
肩ベルトを特に重視して選びました
父方と母方の祖父母の間で板ばさみに…
親と子で重視する点が違いました
小学生には少し高めに思えるのですが…
ネット通販で購入しようかと考えています
プレゼントですが、目で見て確認して選びました
あまり目立たない物を選んだのですが…
悩んでいるうちに、欲しいランドセルが売り切れてしまいました
元気いっぱいの男の子には丈夫なランドセルを選びました
孫にランドセルをプレゼントしてあげるのが楽しみです
ページの先頭へ戻る