シンプルで大容量のランドセルを選びました

重要視したことは背負いやすさと内容量です。

背負ってみてベルトや背カンが子供の体形と合っていないと、子供が肩のところを痛がったり、背負っても体と離れてしまって背負いにくかったりします。

それから内容量ですが、一番大きな部分がなるべく大きいものを選びました。

(幅13センチ)筆箱などをいれるポケットは筆箱が入るサイズで十分ですし、チャックのついた小ポケットは予備のティッシュと家の鍵くらいしか入れないのでマチがなくてもOKです。中が大きければサブバッグを持つ必要もなく、手ぶらで通えて子供も楽です。

色は無難に青系、刺繍や飾りなどもなくシンプルなものを子供が選びました。
どうせカバーを付けるので、カバーを好みのキャラクターのものにしました。

ランドセルカバーを使用するならシンプルなデザインでも!

学校によっては、ランドセルに、
カバーを装着することが指定されている場合もあるようです。

カバー指定があるのかどうか、できれば入学前に確認しておくと良いですね。。

カバー指定があるのであれば、
高学年になっても持ち続けたいデザインであることを重視して、
シンプルなデザインのランドセルを選びのも良いでしょう。

指定のランドセルカバーではないけれど、
ランドセルカバーの着用が決められているといった場合は、
ランドセルをシンプルなデザインにする代わりに、
カバーはお子様好みのデザインのものを選ばせてあげても良いですね。

また、最近のランドセルの場合、デザインがシンプルであっても、
刺繍や飾りなどのワンポイントでたくさんの工夫が凝らされていて、
大変オシャレです。

ですから女の子のお子様でも、ブラウンなどの落ち着いたカラーで、
少し大人っぽいデザインのランドセルを選択する場合も増えてきているようです。

色もデザインもシンプルながらオシャレで大容量のランドセルは、
まさに6年間持ち続けるには最適のランドセルと言えそうですね。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る