卒業後は思い出としてミニチュアサイズに!

ランドセルは小学生生活を象徴するものなので、少し高くても本革など合成樹脂でない良い品を買うべきだと思います。

デザインは、とにかくシンプルが一番。
小学生の6年間は、大人にとっては短くても子供の成長を考えたら圧倒的に長い期間だといえます。

そのため、小1のセンスと小6のものでは全然違ってくるので、そういった意味でシンプルが一番良いです。

また、卒業後に不要になったランドセルをミニチュアサイズに加工してくれるサービスなどもあるので、是非思い出を残しておくのもお勧めします。

理想のランドセルで小学校生活を楽しく!

おっしゃるとおり、ランドセルはお子様の小学校生活を象徴するものです。
ですから、お子様にとって、本当に良いものを選んであげたいと考えられるのは、
どこのご家庭でも同じでしょう。

何より、指折り数えながら入学を楽しみに待つお子様の姿を目にするのは、
ご両親にとっても、大変嬉しく、そしてドキドキするものですね。

小学校生活とそれまでの幼稚園生活とは、
お子様にとって全く別なものです。

小学校では、机に向かって勉強する時間が長くなりますし、
何より大きく違うのは、教科書などの重い荷物を持って、
毎日、運ばなければならないということではないでしょうか?

教科書というのは、小学校生活で、常に必要となる、とても大切なお道具です。

ランドセルは、そのお道具を入れて運ぶための、
とても大切なお道具箱です。

ですから、良いものを、しっかりと吟味し、
お子様にとっても納得のいく、理想のランドセルを選んであげてください。

また、小1と小6とでは、好みも大きく変化している可能性があるというのも事実です。

  • シンプルなデザイン
  • 落ち着いた色

といったランドセルの方が6年まで持っても飽きない、
という意見も一理あります。

ただ、お子様とは意見が違う場合には、
できるだけ、親の意見を押し付ける形にならないように、
お子様の意見にも、よく耳を傾けてあげてください。

「6年間毎日使って使命を終えた思い出いっぱいのランドセルは、
卒業後はミニチュアサイズにリメイクしてもらって一生の宝物として残したい」
というのは、大変、ステキな考えですね。

そう思っていれば、お子様も、ますます大切にランドセルを使われるのではなでしょうか?

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る