実際に背負ってみて選びました

ランドセル選びは子供に決めさせてあげようと思い、デザインは子供の好きな色にしました。

色は決まり、実際背負ってみてどのような違いがあるのかを確認しました。

1番気になったのは、背負ったときのランドセルの大きさ、重さになります。
メーカーによって様々でした。

教科書が入れやすい、が押しのランドセルはやはり幅も広く、背負うとしんどいと言ったのでその点を気にしながら選びました。

現在1年生で1年近く使用しましたが、大きさ、軽さは重要だと思います。

買う前に1度背負って、体型にあったランドセルを見つけるのが大事だと思います。

背負ってみたときのフィーリングも大切です!

ランドセルを選ぶときは、最新モデルのカタログを見て、
検討されるという方も多いのではないでしょうか?

その年にできた新しいモデルのカタログを見るのは、
親御さんにとってもお子さんにとっても、
大変楽しくワクワクさせられる素晴らしい体験と言えるのではないでしょうか?

最近のカタログはとても美しく、見ているだけでも楽しくなりますよね。

カタログを見ている段階で、欲しいランドセル、
目当てのランドセルが決まることも多いと思うのですが、
ランドセルを選ぶときには、実際に商品をその場で確認してから選びたい、
と考える方も多いのではないでしょうか?

というのは、どんなに素晴らしいランドセルであっても、
すべてのお子さんに合うとは限らないからですね。

たとえば、ランキングで一番人気の商品であったとしても、
お子さんが実際に背負ってみたら、思っていたのと印象が違った、
という場合も考えられるでしょう。

ランドセルを選ぶときには、

  • 高学年まで使える色やデザインである
  • 新一年生が背負ったときでも重く感じられず、通学の負担にならない

ということも考慮すべきでしょう。

どうしても、これから入学されるお子さんの場合、
「今、欲しいランドセル」を選びがちではないかと思いますが、
ランドセルは6年間、使用するものです。

1年間だけ、お気に入りのランドセルというのでは困ります。

ですから、頑丈なだけではなく、壊れたときの保証があり、
さらに、1年生の今でも、6年生になってからでも、
ずっと飽きないデザインであることが望まれます。

また、高学年にとっては軽いランドセルでも、
1年生にとっては、まだ重く感じられるかもしれません。

ですから、お子さんの体型にしっかりとフィットし、
毎日背負っても負担にならず、通学が楽しくなるものを選びたいものですね。

ちょっと難しく思えるかもしれませんが、
大切なお子様に、たった一つの宝物を見つけてあげてくださいね。

2021年度最新版!タイプ別おすすめランドセル一覧

工房系クラシック 工房系モダン
黒川鞄工房 カバンのフジタ
池田屋 鞄工房山本
モギカバン 萬勇鞄
大手の人気ブランド タイプ別のおすすめ
セイバン 2021年ランドセルまとめ
フィットちゃん 高級ランドセル
イオン 軽いランドセル
軽さの工夫あり 素材別のおすすめ
フィットちゃん クラリーノランドセル
セイバン 牛革ランドセル
黒川鞄工房 コードバンランドセル
ページの先頭へ戻る