牛革ベーシックカラーの詳細と口コミまとめ

土屋鞄牛革ベーシックカラー

税込価格 71,200円
送料 無料
素材 主材:牛革、背あて:ソフト牛革、内装:人工皮革
重さ 1,390g前後
A4対応 A4フラットファイル対応
修理保証 6年間保証(無料修理)
返品交換 原則不可
カラー 【男の子】黒×白、黒×水色、黒×緑、紺×白、紺×水色
【女の子】茶×白、茶×ピンク、茶×パープル、赤×白、赤×さくら

公式サイトで詳細を確認する

土屋鞄の牛革ベーシックカラーは、
牛革本来の良さをそのままに、シンプルに仕上げたランドセル。

オーソドックスな4つのカラーに、背あて部分のコンビカラーで個性を出しています。
シンプルな中にも個性が欲しいという子にピッタリです。

ランドセルの特徴と比較

土屋鞄の牛革ベーシックカラーは、土屋鞄で長年愛されている定番シリーズ。

上質な牛革を使い、革本来の美しさを最大限に引き出すデザインで、
低学年から高学年まで長く愛用できるオーソドックススタイルです。

特徴

牛革ベーシックカラーの特徴は、背あてのコンビカラーです。

黒、紺、茶、赤という定番の本体色に、
定番の白だけでなく、挿し色となる水色や緑、パープルやさくら色など、
子どもに人気のカラーを用いています。

背負うと隠れ、下ろすと見える部分なので、
子どもっぽすぎずにうまく個性を出すことができます。

ランドセル比較

牛革ランドセルは、ランドセルの定番中の定番。
他のブランドでもたくさん作られています。

中でもベーシックタイプのランドセルが人気な「萬勇鞄」と、
土屋鞄の牛革ベーシックカラーとの違いを比較してみました。

メーカー 土屋鞄 萬勇鞄
商品名 牛革ベーシックカラー ベーシック(牛革)
価格 71,200円 62,700円
重さ 1,390g前後 1,400前後
カラー 全10色 全5色
特徴 選べる背あてカラー 選べるステッチカラー

表を見てわかる通り、土屋鞄の牛革ベーシックカラーは、
カラーバリエーションに富んでいることがわかります。

萬勇鞄の場合は、本体カラーが黒、紺、グリーンの3色で、
黒のみステッチカラーが黒、赤、青の3色用意されています。

一方で、土屋鞄は本体色4色と、それぞれ選べる背あてカラーで、
合計10色のバリエーションとなっています。

色にこだわりが無くて価格を優先したい人は「萬勇鞄」、
値段は高くても色のバリエーションを優先したい人は「土屋鞄」、
と言った感じで選ぶといいかも知れませんね。

ランドセルの口コミ

クチコミ評価:良い

悩んだ末に、牛革ベーシックカラーの黒を購入しました。色々なカラーを見ましたが、結局オーソドックスな黒を選びました。

本体は大きすぎず小さすぎず、1年生の息子にもピッタリ。毎日背負って元気に登校しています。

防水加工がしてあるのと、付属でつけてくれたランドセルカバーで、心配だった雨の日も問題なく登校しています。

雨で変色することもなく、美しいつやを保ったままなので、6年間安心して使えそうです。

クチコミ評価:普通

買いに行ったとき、お客さんの多さに圧倒されました。

今は色々なメーカーがランドセルを作っているし、ネットでも購入できるのに、これだけの人が集まるという事は、とても人気なんだなと痛感しました。

人が多くて選ぶのは大変でしたが、背負ってみてすぐにこの定番ランドセルに決めました。

シンプルな中にも美しさがあり、上質なものだという事が一目でわかります。その分、お値段は高いですが、良品なので気になりませんでした。

クチコミ評価:悪い

見た目はとても気に入っています。牛革ですが高級感もあり、革本来の良さをうまく引き出してくれています。

でも荷物があまり入らないというところはイマイチ。低学年のうちはいいのですが、5〜6年生になったら教科書が増えるので入りません。

5年生の娘は筆箱が入らずに困っていて、毎日手提げを持ち歩かなければなりません。もう少し容量があると完璧だと思います。

ランドセルの口コミ投稿はこちら

牛革ベーシックカラーの詳細はこちら

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る