フィオーレ・ブロッサムの詳細と口コミまとめ

鞄工房山本フィオーレ・ブロッサム

税込価格 67,000円
送料 無料
素材 牛革
重さ 1,370グラム前後
A4対応 A4フラットファイル対応
修理保証 6年間保証(無料修理)
返品交換 到着後8日以内
カラー 黒、チェリーピンク、ワイン、キャメル、ハーバーブルー

公式サイトで詳細を確認する

フィオーレ・ブロッサムは、
鞄工房山本の人気ランドセル「フィオーレ・コスモス」を、
さらに個性的にアンレンジしたランドセル。

多くの人の「欲しい」という要望から生まれたランドセルなので、
多くの女の子のハートをグッとつかんで離しません。

基本設計はフィオーレ・コスモスと同じですが、
コスモスの花ではなく大きなお花のモチーフを使用することで、
より存在感のある仕上がりとなっています。

女の子らしさだけでなく個性も重視する子にピッタリです。

大きなお花が個性を引き出す

フィオーレ・ブロッサムの最大の特徴は、かぶせ部分の大きなお花のモチーフ。
通常ではありえないほど大きなお花を二つもあしらえたかぶせは、まさに圧巻です。

お花という可愛らしいモチーフにもかかわらず、
大きさと配置で個性的なデザインに見せています。

本革で作られた大きなお花のモチーフを、
本革のランドセルに固定するのは、高い技術が必要です。

まさに鞄工房だからできた特別なランドセルと言えます。

また本体に対して目立つカラーをあえて使用していることが、
お花の存在感をより引き立てています。

カラーの組み合わせは、

  • 黒×白
  • チェリーピンク×ローズピンク
  • ワイン×茶
  • キャメル×茶
  • ハーバーブルー×ブルー

目立つカラー配置で、ランドセルとは思えないカジュアルさを演出しています。

スワロフスキーで華やかに

フィオーレ・ブロッサムのもう一つの魅力は、
かぶせにあしらわれた3つのスワロフスキー。

スワロフスキーとは、
オーストリアのスワロフスキー社製のガラスのクリスタルのことです。

優れたカット技術により、透明度が高く、美しく輝くのが特徴のクリスタルガラスで、
世界でも高い評価を受けています。

このスワロフスキーを、かぶせ部分に贅沢に3つも使用。
優雅で上品な印象を与えています。
波型ステッチと組み合わせることで、より上質で可愛らしい仕上がりとなっています。

細かいこだわりが嬉しい

大きなお花やスワロフスキーに目が行きがちですが、
フィオーレ・ブロッサムは細かい部分にもこだわっています。

例えば前締めベルトです。
前締めベルトは波型にカットされたベルトを使用。さらにお花のカシメも付けられています。
柔らかく可愛らしいイメージを与えてくれます。

また背中部分や肩ベルトの裏側も、本体のカラーに合わせて色を変えられています。

黒、チェリーピンク、ワインには薄ピンク、
キャメルにはイエロー、ハーバーブルーにはブルーという具合に、
見えない部分もオシャレです。

大マチにつけられたお花のモチーフには、中央に反射鋲が付けられ、
キラキラと美しく光り輝いています。

小さいながらもかぶせ部分の大きなお花に負けないくらいの存在感です。
目立つ部分だけでなく、細かい部分へのこだわりがあるからこそ、
女の子に愛される可愛らしいランドセルに仕上がっています。

ランドセルの口コミ

クチコミ評価:良い

娘がカタログを見て「これかわいい!」と一目惚れしたランドセルです。他のシリーズと違って、パッと見て目立つキュートなデザインだからかもしれません。

スワロフスキーが埋め込まれていたり、大きなお花がモチーフに使われていたりと、女の子が大好きなポイントがいくつもあります。色は娘の好きな水色に。

あらかじめデザインと欲しい色は決めておき、発売日当日に購入しました!届いたら早速背負っていましたよ。

クチコミ評価:普通

一番目立つかぶせ部分に大きなお花のモチーフがついており、「派手ではないか」「壊れないか」と心配しました。

ただ娘がこのランドセルをとても気にいっておりましたので、選択の余地はありませんでした。ショールームで細部までチェックしましたが、とても丁寧に作られていたため、私も納得して購入。

ワイン色で大人っぽい色を選んでくれたのでホッとしました。

クチコミ評価:悪い

もう一つのフィオーレコスモスが良かったのですが、残念ながら一番欲しかったカラーは売り切れ。

フィオーレブロッサムならまだ娘の欲しいカラーが残っていたため、こちらにしました。最初は派手すぎるかな?と懸念していましたが、見慣れてくると個性的で可愛いランドセルだと思います。

ランドセルの口コミ投稿はこちら

フィオーレ・ブロッサムの詳細はこちら

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る