傷つきにくいランドセルの置き方

傷つきにくいランドセルの置き方

ランドセルは6年間使うものなので、できるだけ傷つけずに大切に使いたいものですが、そのためには、ランドセルを使うときに気をつけるのはもちろんのこと、保管するとき、置くときにも気を配らなければいけません。

では、ランドセルはどのように置いたら傷つきにくいのでしょうか。これからみていきましょう。

傷つかないランドセルの置き方とは

どのランドセル、またどの子にも共通する「絶対に傷つかないランドセルの置き方」はないといえます。それは、ランドセルのメーカーや商品、またそれぞれの家庭のライフスタイルなどにより傷つきにくい置き方が異なってくるからです。

これから、それぞれのメリット・デメリットもあわせ、ランドセルが傷つきにくい置き方をいくつか紹介していきます。

フックで掛ける

ランドセルの背カン部分についているフックを、机などに掛けて置く方法です。学校にいる間、ランドセルはロッカーではなく机の横に掛けておく場合は、この方法で対応することが多いです。

フックを使って収納すれば負担の掛かりやすい肩ベルトにダメージがかからないので背負っているときに最も負担が掛かってしまう肩ベルトを休ませることができます。

デメリットはフック部分に負担が掛かってしまい、使い続けているとフックが変形してしまう不安があることです。ランドセルは中身を空にしても1キロ以上あるものがほとんどです。

中に荷物を入れっぱなしにしておくと、かなりの重量がフック部分に掛かってしまうことになります。ランドセルの中身は極力空にしておくようにするとよいでしょう。

肩ベルトを椅子などに掛ける

椅子などにランドセルを背負わせておく状態です。メリットは、わざわざランドセル置場を作る必要がないので、スペースに余裕がないときに役立ちます。また、棚へ出し入れしなくてよいので、ランドセルにこすれや傷もつきにくいです。

デメリットとしては、この置き方だとランドセルを背負っているときも置いているときも、常に肩ベルトに負担が掛かってしまっていることがあげられます。必要がない場合はランドセルの中に物を入れないようにしておくとよいでしょう。

ランドセルの背中部分を下にして棚などに収納する

学校でロッカーにこの方法で収納しているケースが多いでしょう。肩ベルトを背中部分の下に入れて置く方法です。メリットは、自宅でも学校でも同じ収納方法なので、「ランドセルはこの置き方」と子どもが覚えやすいことです。棚などにも収納しやすい置き方です。

デメリットは、肩ベルト部分が折れ曲がったまま収納されてしまうので、折れ癖がついてしまうかもしれないことです。ただし、ランドセルの下に来る肩ベルト部分が曲がらないように置けばこの点はさほど心配することはありません。この置き方をする場合は、ランドセルの下に来る肩ベルトは伸ばして置くように子どもに伝えるとよいでしょう。

サイド部分を下にして置く

一見、あまり見ない置き方なので驚かれる方がいらっしゃるかもしれませんが、大マチのサイド部分は変形防止のために比較的、丈夫に作られているので、その強度を利用した置き方です。

メリットは、錠前や肩ベルトに負担が掛からないことがあげられます。オートロック式の錠前などはちょっとした力加減で故障してしまう繊細な作りのものもあるので、極力、力が掛からない方がよいといえます。

デメリットは、かぶせが大マチより大きい場合、かぶせに癖がついてしまう可能性があることです。サイドを下にして置くときは、かぶせが折れ曲がっていないか確認するとよいでしょう。

ランドセルを縦に置く

ランドセル展示場やパンフレットなどでよく見かける置き方です。メリットは、置いたままでも荷物の出し入れがしやすいことがあります。時間割などで教科書や荷物を出し入れするときは、縦置きにしておくとやりやすいでしょう。

デメリットとしては、錠前部分が常に下になっているので負担が掛かりやすいことがあります。また、壁などに立てかけておく場合は、肩ベルト部分にも負担が掛かってしまうかもしれません。錠前や肩ベルト部分が床や壁につかないように、置く角度を調整するとよいでしょう。

避けた方がいい置き方

これまでいくつか置き方を紹介してきましたが、それぞれに一長一短があります。実際に試した上で一番やりやすい、置きやすい方法を選ぶことをおすすめします。しかし、避けた方がいい置き方も2つあるので紹介します。

かぶせ部分を下にする

やわらかく面積が広いかぶせは、傷つきやすい上に傷がつくと目立ってしまいます。漫画などで子どもがランドセルを放り投げて遊びに行くシーンで置かれているような置き方というとイメージしやすいかもしれません。

ランドセルをさかさまにして縦にして置く

縦に置くとはいえ、この方法なら錠前部分に負担が掛かりません。しかし、かぶせに大マチの負担が掛かってしまいます。また、この置き方は不安定なので、前後左右に倒れやすく、その衝撃もランドセルには好ましくありません。

どちらも不自然な置き方なので、積極的にこの置き方をすることはないかと思いますが、ふとした瞬間にこの置き方になってしまっていることもあるかもしれません。子どもがこのような置き方をしていたときは注意するようにするとよいでしょう。

まとめ

子どもが6年間使うことを前提にランドセルは頑丈に作られています。そのため、基本的には避けた方がいい置き方以外なら、どの置き方でも問題ないように作られています。

実際に試してみて、どの置き方にしたらよいか迷ってしまった場合は、ランドセルを購入した店やメーカーに聞いてみるのもひとつの方法です。置き方だけではなく、お手入れの方法などランドセルを使う上で役に立つ情報も教えてもらえるかもしれません。

ランドセルを大切に使うためにはどうしたらいいのか、親子で話し合うことも大切なコミュニケーションのひとつです。実際に使う子どもの意見を聞きつつ、よりよい方法を見つけることができるといいですね。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る