【2023年度】ヒダカーフランドセルの人気ランキングと口コミ

※現在のランドセルは年長向けモデルです。年中向けの販売開始は今のところ未定なので、間違って購入しないよう注意してください!

ヒダカーフ(ヒダカーフ)

ヒダカーフの公式サイトを見る

ヒダカーフは岐阜産の飛騨牛の皮革だけを専門に扱っているメーカーです。

環境に優しい製法でナメシ、地産地消を重視して製品化しています。

ヒダカーフの主な特徴

  • 日本でも有数のブランド牛を使ったランドセル
  • 職人の手縫いで作られる安全性と耐久性
  • 型崩れを防ぐ独自の技術
  • 天然皮革なのに豊富なカラーラインナップ・
  • 6年間の修理保証付き

実際に、ヒダカーフのランドセルを購入した人の口コミや体験談も紹介するので、ランドセル選びの参考にしてください。

このページの目次一覧

男の子向け人気デザインベスト3

プレミアムモデル(モスグリーン)

ヒダカーフ プレミアム モスグリーン

税込価格 71,500円
素材 飛騨牛革
重さ 1,400g前後
カラー モスグリーン
ここがおすすめ!

男の子向けではプレミアムモデルの中でも、飛騨牛革の質感が映えるモスグリーンが一番人気です。ステッチカラーもモスグリーンで上品な一品。A4フラットファイル対応サイズ。

公式サイトで詳細を見る

ロイヤルモデル(ブラック)

ヒダカーフ ロイヤルモデル

税込価格 88,000円
素材 飛騨牛革、ヌメ革
重さ 1,600g前後
カラー ブラック、ゴールドステッチ
ここがおすすめ!

ランドセルの内張りにも贅沢に飛騨牛革を使ったモデル。ゴールドステッチで高級感が漂います。A4フラットファイル対応サイズ。

公式サイトで詳細を見る

プレミアムモデル(キャメル)

ヒダカーフ プレミアム キャメル

税込価格 71,500円
素材 飛騨牛革
重さ 1,400g前後
カラー キャメル
ここがおすすめ!

男の子に人気3位はプレミアムモデルのキャメル。希少な飛騨牛のランドセルにキャメル色合いでさらに高級感が増します。撥水仕上げを行っているので雨でも安心です。

公式サイトで詳細を見る

女の子向け人気デザインベスト3

プレミアム ブラウンピンク

ヒダカーフ プレミアム ブラウンピンク

税込価格 71,500円
素材 飛騨牛革
重さ 1,400g前後
カラー ブラウンピンク
ここがおすすめ!

光沢のある飛騨牛革の特徴を生かしたブラウンピンクが一番人気です。見た目もよく耐久性があるので、6年間キレイに使えます。A4フラットファイル対応サイズ。

公式サイトで詳細を見る

プレミアム レッド

ヒダカーフ プレミアム レッド

税込価格 71,500円
素材 飛騨牛革
重さ 1,400g前後
カラー レッド
ここがおすすめ!

定番のレッドも人気のモデル。ステッチもレッドでシンプルなデザインですが、天然皮革の色合いに高級感を感じます。A4フラットファイル対応サイズ。

公式サイトで詳細を見る

プレミアム ココアピンク

ヒダカーフ プレミアム ココアピンク

税込価格 71,500円
素材 飛騨牛革
重さ 1,400g前後
カラー ココアピンク
ここがおすすめ!

女の子の人気3位はココアピンク。プレミアムシリーズはレインガードや反射鋲など機能が充実。雨の日や帰りが夕方や夜になっても安心です。

公式サイトで詳細を見る

ヒダカーフの口コミ(3件)

ロイヤル

さんざっぱら迷ってHida Calfのロイヤルにしました。色は黒です。その際、最も不安だったのが重さです。1,600gありますからね。


他のメーカーに比べて情報が少なめでしたが、少ない中でも背負いやすい情報が割と多くを占めていたため決心しました。


荷物を入れた場合、素の状態の200~300gの差は誤差範囲と思いましたし、カタログ表記から200~300gの製品誤差があるメーカーもあるらしいですので、それなら気に入ったものを買おうということになりました。


届いた商品は本物感がすごいです。黒色の艶がきれいで、革内張の仕上げが素晴らしい。


造りは丈夫で、1,600gも止む無しといったところです。そして肝心の背負い心地ですが・・・、全く問題ないです。


荷物を入れても楽に上げ下ろしができ、負担なく背負えています。

評価5
ブラック
8万円台
プレミアム

知る人ぞ知る「ヒダカーフ」のプレミアムモデル モスグリーンを購入!これはなかなかいい買い物をしました。


緑色で光るランドセルという、息子の大まかな希望(フラットファイル対応、可動式背カン、オートロック錠などは当然必須!)はあったものの、なかなかこれといったモノがありませんでした。


で、見つけたのが「ヒダカーフ」でした。反射材はもっと豪勢に付いててほしかったですが、その他の条件は丸ハマりでした!


一応事前に問い合わせはしておいたのですが、モスグリーンの色合いはほぼ満足。


立体形状の肩ベルトとふっくら背あてで背負い心地も良し!届いてから気づきましたが、前ポケットの高さをしっかりとっています。一文字ファスナーですが開口部はしっかり開くし、使いやすい!


ここはもっとアピっていいんじゃないですか?あまりPRする気はなさそうですけど。笑。

評価4.5
モスグリーン
6万円台
プレミアム

キャメルと迷いましたがココアにしました。プレミアムモデルです。特に派手な飾りはなくて、ハート型のかぶせ鋲と反射材くらいでしょうか。


あと、ピンク色のステッチと。親としてはオーソドックスなものをひそかに希望していたので、娘がこれを選んでくれてほっとしてます。


質感・風合い・手触り共に良好です。発色もよく、レインガードもされているとのことです。

  • 容量:11㎝は少し狭いかなと思ってましたが、十分です。サブポケットと前ポケットの容量も同じく十分です。
  • 背負いやすさ:可動背カンとウェービーベルト、ふっくら背パットのおかげか良好です。本体重量はさほど影響していないようです。
  • その他:縫製が丁寧。本体剛性は高い。

以上参考にしていただければ幸いです。

評価4
ココア
6万円台

ランドセルの口コミ投稿はこちら

ヒダカーフの特徴

ヒダカーフのランドセルは、厳選された飛騨牛革を使用し、職人が手作りで仕上げた最高級のランドセルです。

日本でも有数のブランド牛を使ったランドセル

ヒダカーフの一番の特徴は、素材に飛騨牛というブランド牛の皮革が使われているところです。

きちんと管理された飛騨牛の皮革は、しなやかでキメが細かく、丈夫で傷つきにくい上質な革です。

鞣(なめし)を国内 で管理の元、職人がしっかりと鞣しているため、光沢感のある仕上がりで、豊富なカラーバリエーションを展開しています。

職人の手縫いで作られる安全性と耐久性

重要な部分や壊れやすい部分は職人の手縫い仕上げにし、大マチには型崩れ防止用の特別な補強材を使っているので、6年間使っても型崩れせず故障しにくくなっています。

ここでは背負いやすさなどの機能性や安全性についてまとめました。

名称 特徴
ウェーブ肩バンド ウェーブ状の肩バンドなのでずり落ちにくく軽く感じる
型崩れ防止スーパーフォーム加工 大マチの型崩れ防止補強材にスーパーフォーム加工しているので強度抜群
自動ロックワンタッチ錠 自動でロックでき、危険防止用保護キャップ付きでケガの心配なし
肩バンド独立スライド 左右別々にスライドし、楽に背負える
ふっくら背パット 幅広で厚みがあるので通気性がよく、背中にかかる負担を軽減
熟練した職人による手縫い ミシンでは縫うことができない箇所は、職人が熟練の技法で手縫い
反射鋲や反射テープ 安心安全の反射機能付き

ヒダカーフの売り切れ予想はいつ頃?

ヒダカーフのランドセルは、最高級の飛騨牛革使用でどのモデルも数量限定となっています。その中でもロイヤルモデルは総飛騨牛革張りの最上級モデルです。

2021年9月には、人気ランドセルの在庫が残りわずかの状態となっています。

天然皮革でカラーバリエーションも豊富ですが、やはり人気カラーから売り切れて行くので、好みのカラーがある人は早めにチェックして買い逃さないようにしましょう。

ヒダカーフの重さはどれくらい?他社との比較

このブロックでは、ヒダカーフの人気ランドセルと他社モデルとの比較をしていきます。ヒダカーフは、重さ1,400gの「プレミアムモデル」で比較します。

他社モデルは、池田屋の「イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ」と羽倉の「耐性牛革スタンダード」で、それぞれのランドセルの重さを表にまとめました。

ヒダカーフのプレミアムモデル以外の重さについては、「ヒダカーフのランドセル一覧」でまとめているので、気になる場合は一覧をチェックしてください。

人気モデル比較

人気モデル比較

  • ヒダカーフプレミアムモデル 【ヒダカーフ】
    プレミアムモデル
  • 池田屋イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ 【池田屋】
    イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ
  • 羽倉耐性牛革スタンダード 【羽倉】
    耐性牛革スタンダード
※全て男女兼用モデルです
ヒダカーフ 池田屋 羽倉
モデル プレミアム イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ 耐性牛革スタンダード
重さ 1,400g 1,300g 1,320g
素材 飛騨牛革 防水牛革 耐性牛革
カラー 10色 9色 18色

人気モデルの重さを比較してみると、池田屋と羽倉が1,300g台、ヒダカーフは1,400gとなっています。

池田屋と羽倉は重さがほとんど変わらないので、デザインやカラー、機能性などで選ぶと良いでしょう。

ちなみに、池田屋は防水加工が施された牛革が使用されていて、羽倉は鮮やかな18色のカラーバリエーションで撥水加工されたランドセルです。

ヒダカーフは3ブランドで最も重い1,400gですが、型崩れ防止補強材をスーパーフォーム加工しているので強度が高く、撥水仕上げされたランドセルとなっています。

池田屋には防水加工、羽倉とヒダカーフには撥水加工がされています。

どちらも雨の日でも安心の機能ですが、防水加工は水を通さないようにした加工で、撥水加工は水をはじく加工なので、防水加工のほうが水を防ぐのに優れています。

ヒダカーフの価格相場はいくら?他社との比較

続いてヒダカーフのランドセルの価格についてまとめます。

価格についてもヒダカーフ「プレミアムモデル」と、池田屋「イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ」、羽倉「耐性牛革スタンダード」で比較をするので参考にしてみてください。

ヒダカーフのプレミアムモデル以外の価格については、「ヒダカーフのランドセル一覧」でまとめているのでチェックしてみてください。

人気モデル比較

人気モデル比較

  • ヒダカーフプレミアムモデル 【ヒダカーフ】
    プレミアムモデル
  • 池田屋イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ 【池田屋】
    イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ
  • 羽倉耐性牛革スタンダード 【羽倉】
    耐性牛革スタンダード
※全て男女兼用モデルです
ヒダカーフ 池田屋 羽倉
モデル プレミアムモデル イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ 耐性牛革スタンダード
価格 71,500円 68,000円 62,700円
素材 飛騨牛革 防水牛革 耐性牛革
カラー 10色 9色 18色

人気モデルの価格を比較してみると、ヒダカーフが最も高い7万円台、池田屋と羽倉は6万円台となっています。

ヒダカーフは希少な飛騨牛革を使用していて、使いやすさや安全性にもこだわったランドセルです。

羽倉は3ブランドで最も安い62,700円で、シンプルなデザインにデザイナーがこだわり抜いたオリジナルカラーが特徴のランドセルです。

ヒダカーフのサイズと色、モデル数一覧

このブロックでは、ヒダカーフのランドセルのサイズと色、モデル数をまとめていきます。

重さや価格と同じように、「池田屋」と「羽倉」との比較をしていくのでランドセル選びの参考にしてみてください。

ヒダカーフのサイズは?A4対応はどうなの?

ヒダカーフのランドセル「ロイヤルモデル」「プレミアムモデル」の内寸サイズはこちらになっています。

  • 横:23.5㎝
  • 縦:31㎝
  • マチ幅:11㎝

こちらの2モデルは、A4フラットファイル対応で収納力もしっかりあります。

「スタンダードモデル」の内寸サイズはこちらです。

  • 横:22.5㎝
  • 縦:31㎝
  • マチ幅:11㎝

こちらのモデルのみ、A4クリアファイル対応のサイズです。

他社との比較

ヒダカーフのランドセルサイズと「池田屋」、「羽倉」で比較してみました。単位は先ほど同様に㎝となります。

ヒダカーフ 池田屋 羽倉
22.5~23.5 23.3 23.2
31 31.2 30.6
マチ幅 11 12.2 12

3ブランドともサイズにほとんど差がありませんが、ヒダカーフはマチ幅が11㎝と少し小さめとなっています。

ヒダカーフのロイヤルとプレミアムの2モデル、池田屋と羽倉はA4フラットファイル対応サイズなのでしっかりとした収納力があります。

ヒダカーフで取り扱っている色一覧

男の子向けカラー

ヒダカーフ男の子カラー

系統 カラー
ブラック ブラック
ブルー ネイビー
グリーン モスグリーン
ブラウン ブラウン、キャメル

女の子向けカラー

ヒダカーフ女の子カラー

系統 カラー
レッド レッド、ローズ
ピンク チェリーピンク
ブルー ネイビー、スカイブルー
ブラウン ブラウン、キャメル、ココア

ヒダカーフのモデル数を比較

ヒダカーフのランドセルのモデル数は3モデルで、こだわりの最高級飛騨牛革が使用されています。

飛騨で生まれ育った飛騨牛革を使用し、熟練した職人が丁寧に手作りで仕上げています。希少な飛騨牛革を使用しているので、3モデルとも数量限定となっています。

素材だけでなく、使いやすさや背負いやすさ、安全性の機能にもこだわっています。

池田屋と羽倉は、牛革モデル以外にも人工皮革やコードバンのランドセルの取り扱いがあります。

池田屋は、適材適所に素材を取り入れたハイブリット構造が特徴で、それぞれの素材の強みを生かしたランドセルとなっています。

羽倉は26色の豊富なオリジナルカラーが特徴のランドセルです。

ヒダカーフのランドセル一覧

ヒダカーフのランドセルを表にしてまとめるので、選ぶ際の参考にしてみてください!

※重さに関しては多少前後するので目安にしてください

名称 税込価格 重さ 素材
スタンダードモデル 55,000円 1,300g 飛騨牛革
プレミアムモデル 71,500円 1,400g 飛騨牛革
ロイヤルモデル 88,000円 1,600g 飛騨牛革

ヒダカーフでオーダーメイドは注文できる?

ヒダカーフはランドセルは、数多くある色やステッチから自由に組み合わせて、オリジナルランドセルをつくることができます。

オーダーメイドのメリットは、好みを最大限に反映できるので他の子供とかぶらず特別感を味わえることでしょう。

オーダーメイドについて価格などの詳細は記載されていないので、問い合わせて確認してください。

もしオーダーメイドを検討して、好みのランドセルが作成できない人は、「オーダーメイドランドセル一覧」ページをぜひチェックしてもらえばと思います。

こだわりたい箇所の数によって、フルオーダー、セミオーダー、カスタムオーダーに分けて、おすすめブランドをまとめています。

展示会、店舗の一覧

残念ながらヒダカーフでは出張展示会は行っていませんが、メールや電話で詳しく天然皮革について説明してくれます。

なお、他のブランドの展示会については、【地域別】ランドセル展示会一覧のページでまとめています。

地域別の展示会ブロックでは、名古屋で開催される出張展示会の情報もまとめています。なるべく多くのランドセルを比較して選びたい人は、ぜひ参考にしてもらえばと思います。

店舗(ショールーム)情報

住所 岐阜県高山市岡本町4-403-4
TEL 0577-32-5788
FAX 0577-57-8824
定休日 不定休
営業時間 9:30-18:30

営業時間や定休日は急きょ変更になる場合があるので、詳細は公式サイトにてご確認ください。

ヒダカーフの公式サイトはこちら

ヒダカーフに関するよくある質問

ここからはヒダカーフに関するよくある質問をまとめます。気になるところはチェックしてみてください。

アウトレットセールや型落ちモデルはどこで買える?

ヒダカーフでは、アウトレットセールは今のところ実施していません。開催される場合はこちらのページでお知らせします。

なお同じ工房系でアウトレットセールを開催しそうなブランドは、「萬勇鞄」や「鞄工房山本」などです。

その他のブランドを含めたアウトレットセールついては、以下のページでまとめているので参考にしてください。

ランドセルのアウトレット情報はこちら

ランドセルが壊れた時の修理はどうする?

ヒダカーフのランドセルは、6年間の修理保証がついているので卒業までアフターフォローしてくれます。

万が一壊れてしまった場合でも、万全の修理体制となっているので安心です。

もし破損した時は、まず電話やメールで相談してみてください。

購入に失敗した?ランドセルが届かない場合

ヒダカーフでは、一度のメールで注文を受け付けることはありません。

何度かの電話やメールで天然皮革製品の説明があり、その説明に納得すれば注文を受け付けてくれます。

ヒダカーフのランドセルは、職人による丁寧な作業工程を経てひとつひとつ仕上げられています。

注文する際にしっかりとお届け日を確認しておきましょう。

使い終わった6年後のランドセルはリメイクできる?

ヒダカーフは、6年間使い続けて思い入れのあるランドセルのリメイクを行っています。

継ぎ目のないフタ部分を使って、財布やキーホルダー、定期入れなどの小物にリメイクできます。

価格や製作期間などの詳細は記載されていないので、ランドセルのリメイクを考えている人は、メールや電話で問い合わせて確認してみてください。

こちらのページでは、リメイク品やおすすめの工房を紹介していますので参考にしてください。

ランドセルのリメイク工房まとめはこちら

まとめ

ヒダカーフは、飛騨牛革素材のランドセルを販売しています。

モデル数は少ないですが、革独特の光沢や風合いはとても高級感があります。

厳選された素材はもちろんのこと、シンプルなデザインながらカラーの種類も多く、背負いやすさや使いやすさ、安全性にもこだわっています。

耐久性があり品質の良いランドセルを求めている人はぜひチェックしてみてください。

ヒダカーフの公式サイトはこちら