ランドセルをリメイク!人気工房と長財布やキーホルダーの加工例

ランドセルリメイクについて

6年間大切に使ってきたランドセル。

思い出がいっぱい詰まっているので処分してしまうのは忍びない…。そんな時は、ランドセルのリメイクがおすすめです。

ランドセルをキーホルダーや財布などの革小物にリメイクして、形を変えてずっと使い続けることができます。

ここでは、ランドセルのリメイクを対応してくれるブランドや工房、リメイクの料金相場についてまとめてみました。

ランドセルのリメイク例と料金相場

ランドセルのリメイク例と料金相場

使い終わったランドセルは、様々なものにリメイクすることができます。

財布や名刺入れ、キーホルダーやスマホケース、ミニランドセルなど、色々な革製品に再利用できます。

また、ランドセルは大きいので、キーホルダーと財布、名刺入れとスマホケースという具合に、複数作れる場合も。

うまく活用して、無駄なく使い切りたいですね。では、実際に対応してもらえるリメイク例と、およその料金相場を見ていきましょう。

リメイク例 料金相場
ミニランドセル 8,000円〜15,000円
財布 3,000円〜20,000円
名刺入れ 10,000円〜20,000円
キーホルダー 1,000円〜5,000円
時計 9,000円〜13,000円
スマホケース 5,000円〜15,000円
手帳・ブックカバー 10,000円〜20,000円
ペンケース 5,000円〜15,000円
バッグ・リュック 20,000円〜30,000円
椅子・スツール 15,000円〜20,000円
オルゴール 5,000円〜8,000円

ミニサイズ・ミニチュア

ランドセルをリメイクで再利用!人気工房と長財布やキーホルダーへの加工例

※画像引用:黒川鞄工房

ランドセルの形をそのまま残しておきたい…。という人にはミニランドセルがおすすめです。

手のひらサイズの可愛らしいランドセルを作ることができるので、場所を取らずにランドセルの思い出をいつまでも残しておくことができます。

ミニランドセルへリメイクしてくれるショップはこちらで、大きくランドセルブランドとリメイクショップに分けられます。

ブランド
(ショップ)
価格
ランドセルブランド ランドセルのスドウ 10,000円
フィットちゃん 14,040円
ランドセル工房生田 15,000円
土屋鞄 15,300円
黒川鞄工房 15,800円
リメイクショップ カナーズ ・ジャパン 4,500円
ミニクラフト 7,000円
リトルアイランド 8,500円
赤とんぼ 8,800円
梅田皮革工芸 14,800円
伊藤鞄製作所 16,500円
リペア工房 18,360円
Leather studio Third 30,000円〜

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

ミニランドセルへのリメイクは、色々なショップが対応していますが、価格も大きく差があり、安い所から高いところまで様々です。

これだけ選択肢があると、どのショップを選べばよいか迷ってしまいますよね。そんな時は、信頼できるお店かどうか…という点を重視しましょう。

中でもおすすめはランドセルブランドです。

ランドセルを製造、販売している工房であれば信頼性も高く、技術も間違いないので、失敗することはまずありません。

ただし、自社で購入したランドセルのみの対応ブランドもあるため、注意してください。

財布・長財布

K&K BROTHERS財布

※画像引用:K&K BROTHERS

もっと実用的なものにリメイクしたい!という人に人気なのが、小銭入れや長財布などの財布類です。

牛革やコードバンなどの本革製のランドセルであれば、上質で大人っぽい財布にリメイクすることもでき、中学生、高校生、大人になるまで使い続けるということも。

財布へのリメイク相場は、財布の形状によって大きく変わってきます。

例えばちょっとした小銭入れであれば2,000〜3,000円、本格的な長財布となると10,000〜20,000円ほどかかってしまう場合もあります。

財布へのリメイクに対応しているショップはこちら。

ショップ名 価格
カナーズ・ジャパン 1,100円〜52,800円
K&K BROTHERS 4,980円〜13,980円
アトリエタカ 5,000円
伊藤鞄製作所 7,700円〜15,730円
Leather studio Third 9,500〜55,000円
Askalカバン工房 11,980円(4点セット)
大革堂 13,000円〜16,000円
SNAKER-handcraft 15,000円(3点セット)〜25,000円(5点セット)
革人 30,000円〜33,500円

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

財布へのリメイクは、革製品の工房がおすすめ。

革加工は難しく、特に使い古した素材から財布を作り出すのは、高い技術力を必要とします。

きちんとした革職人がリメイクしてくれる工房を選んで、質の良いリメイク品を作ってもらいましょう。

名刺入れ

カナーズ・ジャパン名刺入れ

※画像引用:カナーズ・ジャパン

ランドセルは名刺入れにリメイクすることもできます。

名刺入れなら大人になってからも使い続けることができるので、いつまでもランドセルの思い出を大切にしたいという人にピッタリです。

リメイク価格もお手頃価格で、財布よりも安くリメイクすることができますし、使う革の量も少ないので、他のリメイク品と併せて作ってもらうことも…。

名刺入れへのリメイクに対応しているショップはこちら。

ショップ名 価格
K&K BROTHERS 4,680円〜5,500円
アトリエタカ 5,500円
伊藤鞄製作所 5,940円
革人 6,000円
Leather studio Third 6,500円〜
カナーズ・ジャパン 8,800円〜24,200円
Askalカバン工房 11,980円(4点セット)
SNAKER-handcraft 15,000円(3点セット)〜25,000円(5点セット)

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

名刺入れも財布と同様に、革製品の工房がおすすめ。革製品のプロフェッショナルが、上質な名刺入れを作ってくれます。

キーホルダー

ルーラル ネコキーケース

※画像引用:ルーラル

ランドセルリメイクで一番お手軽にできるのがキーホルダー。

価格も安く場所も取らず、さらに素材も選ばないので、とても人気の高いリメイク品となっています。

キーホルダーへのリメイクは、数百円〜とかなりリーズナブル。対応しているショップも多いので、気軽に申し込むことができます。

キーホルダーへのリメイクに対応しているショップはこちら。

ショップ名 価格
カナーズ・ジャパン 550円〜7,480円
Askalカバン工房 800円〜1,500円
アトリエタカ 1,000円
大革堂 1,500円〜2,000円
伊藤鞄製作所 1,650〜2,750円
K&K BROTHERS 1,980円
Leather studio Third 2,500円〜
ルーラル 2,800円
革工房K 3,500円
SNAKER-handcraft 15,000円(3点セット)〜27,000円(8点セット)

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

キーホルダーへのリメイクは、単品で注文するよりもセットで注文する方がお得になる場合があります。

お得なセットメニューが用意されているショップもあるので、ぜひ一度確認してみてください。

時計

モギカバンリメイク時計

※画像引用:モギカバン

ちょっと変わったものにリメイクしたい場合は、時計にリメイクしてみるのもオススメです。

ランドセルブランドのモギカバンでは、カブセを丸ごと使った壁掛け時計にリメイクしてくれます。

ランドセルをそのまま残すことができる上に、実用性も高く人気のリメイク品となっています。

時計にリメイクしてくれるショップはこちら。

ショップ名 価格
Leather studio Third 6,000円〜
モギカバン 12,100円
HANAKUJIRA 12,800円
革人 応相談

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

時計にリメイクする場合、ランドセルの状態が悪いと対応してもらえないことがあります。

特にモギカバンのようにカブセを丸ごと使用する場合は、シミやシワ、ひび割れなどの劣化が起こっていないか、ランドセルの状態をきちんとチェックしてから注文しましょう。

スマホケース

SNAKER スマホケース

※画像引用:SNAKER

ランドセルをスマホケースにリメイクするという人も増えてきています。

中学生になってくるとスマホを持つ子も増えてくるので、とても実用的なアイテムです。

スマホケースに関する注意点としては、スマホによってサイズが違うという点です。

中にはとてもサイズが大きい機種もあるので、ケースを作る際はきちんとサイズを確認して注文するようにしましょう。

スマホケースのリメイクに対応しているショップはこちらです。

ショップ名 価格
Askalカバン工房 7,981円(スマホケース4点セット)
Leather studio Third 9,000円〜
ルーラル 22,000円(5点セット)

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

スマホケースのリメイクに対応しているショップはあまり多くありません。

オーダーメイドで受注してくれるショップや、他の商品とセットになってしまうショップなど様々なので、きちんとショップと注文内容を確認しながら進めていきましょう。

手帳、ブックカバー

K&K BROTHERSブックカバー

※画像引用:K&K BROTHERS

手帳やブックカバーも人気リメイク品の一つです。

中高生はもちろんのこと、社会人になっても実用的なので、大切なランドセルを一生使い続けられるアイテムです。

ただし、ブックカバーの場合は、サイズに注意しなければなりません。

本によってサイズが違うので、文庫サイズや新書サイズ、漫画サイズなど、よく読む書物に合わせてカバーを作ることをおすすめします。

手帳やブックカバーのリメイクに対応しているショップはこちらです。

ショップ名 価格
K&K BROTHERS 4,680円
Leather studio Third 6,000円〜
SNAKER-handcraft 25,000円(5点セット)
カナーズ・ジャパン 36,300円〜39,600円
革人 応相談

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

ここに載っていないショップでもオーダーすれば作ってくれる場合があるので、気になるショップがある場合は一度問い合わせてみるのも1つの手です。

ペンケース

K&K BROTHERSペンケース

※画像引用:K&K BROTHERS

ペンケースは年齢を問わず使うことのできるアイテムなので、リメイクするにはピッタリです。

ただし、ランドセルリメイクで作られるペンケースはやや小さめ。

たくさん鉛筆や消しゴム、赤ペンなどは入らない場合もあるので、リメイクする際は注意してください。

ペンケースのリメイクに対応しているショップはこちらです。

ショップ名 価格
伊藤鞄製作所 4,400円
アトリエタカ 4,500円
Askalカバン工房 5,480円(6点セット)
K&K BROTHERS 5,500円
カナーズ・ジャパン 5,500円〜16,500円
Leather studio Third 12,000円〜
大革堂 20,000円(小物6点セット)〜23,000円(5点セット)
SNAKER-handcraft 25,000円(5点セット)
革人 応相談

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

ペンケースは比較的多くのショップが対応しているので、ショップ選びには困りませんが、各ショップで形が全く違います。

よく確認してから注文しましょう。

バッグ、リュック

カナーズ トートバッグ

※画像引用:カナーズ

ランドセルを違う形のバッグやリュックに変えるという人も増えています。

高級牛革やコードバンを使用したランドセルは、上質なバッグに生まれ変わります。

リメイク費用はやや高めではありますが、大人っぽいデザインにしておけば、長い間愛用することができます。

バッグやリュックのリメイクに対応しているショップはこちらです。

ショップ名 価格
カナーズ・ジャパン 20,900円〜39,600円
K&K BROTHERS 24,800円
Leather studio Third 応相談

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

バッグにリメイクする場合、ランドセルの広い範囲を使う必要があります。

そのため、劣化が激しいランドセルや、汚れがひどいランドセルは使用できません。注文する前に、ランドセルの状態をきちんと確認しておきましょう。

椅子・スツール

ヒノキクラフトランドセルスツール

※画像引用:ヒノキクラフト

最近話題になってきているのが、ランドセルをリメイクして椅子やスツールを作るというもの。

とても実用的であり、家族全員が使えるので便利です。

ただ、対応しているショップはまだ少なく、店舗を探すのに一苦労してしまうかもしれません。

ヒノキを使った家具を展開している「ヒノキクラフト」では、全国どこからでもスツールの注文を受け付けています。

近隣に対応してくれるショップが見つからない!と言う場合でも配送で注文を受け付けてくれるので安心ですね。

ショップ名 価格
ヒノキクラフト 15,000円〜17,000円

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

ただし、半カブセタイプなどのかぶせ部分が小さいランドセルの場合は、対応してもらえないこともあるので要注意です。

オルゴール

HANAKUJIRAオルゴール

※画像引用:HANAKUJIRA

ランドセルを使ってオルゴールを作ってくれるショップもあります。

オルゴールはお部屋に飾ったり、音色を聴いて癒されたりなど、使い道も様々なうえに長く使い続けられます。

ただし、オルゴールリメイクに対応してくれるショップは多くありません。

ショップ名 価格
HANAKUJIRA 4,980円〜8,800円

※情報は執筆時のものになります。最新情報は公式ページにてご確認ください。

「HANAKUJIRA」ではオルゴール付きミニランドセルにリメイクしてくれます。

楽天やAmazonなどに出店していて、全国対応してくれるので、遠方の方でも安心して注文できます。

リメイクを行っているランドセルブランド

ランドセルブランドで、リメイクを取り扱っている所を紹介します。

ランドセルブランドでは、思い出を残すのに最適なミニランドセルや、キーホルダー、時計など、様々なものにリメイクしてもらえます。

黒川鞄

黒川鞄工房

運営会社 有限会社黒川鞄(黒川鞄店)
住所 富山県富山市総曲輪三丁目6番15-8号
電話番号 076-421-3679
対応地域 全国対応(黒川鞄工房製品のみ・郵送)
料金 一律17,380円(税込み・送料別)

黒川鞄では購入者に限り、ランドセルのリメイクを行っています。

リメイクできる商品は、ミニランドセルとペンケース。どちらも一律17,380円で、好きな方を選択することができます。

職人が一つ一つ手作業で作ってくれるので、完成までに数か月かかりますが、丈夫なリメイク品に仕上げてくれます。

黒川鞄のランドセルはこちら


土屋鞄

土屋鞄

運営会社 株式会社土屋鞄製造所
住所 東京都足立区西新井7-15-5
電話番号 0120-907-647
対応地域 全国対応
料金 7,000〜15,300円(税込み・送料別)

土屋鞄では自社で購入したランドセルを以下のものにリメイクしてくれます。

  • パスケース:7,000円
  • ランドセル型フォトフレーム:10,200円
  • ミニチュアランドセル:15,300円

1つのランドセルから作れるのは1つのみで、職人が手作業で製作するため、数量限定となっています。

受付期間が決まっているので、検討している人は、なるべく早めに申し込みしておくことをおすすめします。

土屋鞄のランドセルはこちら


フィットちゃん

フィットちゃんランドセル

運営会社 株式会社ハシモトBaggage
住所 富山市北新町1丁目2番25号
電話番号 076-411-5010
対応地域 全国対応
料金 14,040円

フィットちゃんでは外部委託により、ミニランドセルの作成を行ってくれます。

約4分の1のサイズで、ランドセルを完全再現。内張りもそのまま利用して、中まできちんと再現されています。

本体だけでなく前ポケットにも物が入るようになっているので、思い出の写真や絵を入れたりなど、有意義に使えます。

外部委託になるので、作成期間は4〜5か月ほどかかりますが、しっかりと思い出のランドセルを忠実に再現してくれます。

フィットちゃんのランドセルはこちら


モギカバン

MOGI

運営会社 株式会社モギカバン店
住所 群馬県桐生市本町5-369
電話番号 0227-22-3824
対応地域 全国対応(他社製品でも対応可)
料金 12,100円(店頭へ持込みの場合は11,000円)

モギカバンでは、ランドセルのかぶせ部分を使って、ランドセル時計を作成してくれます。

ランドセルのデザインをそのままに、いつまでも思い出を残すことができます。インテリアとしてお部屋に飾ることができるので、実用性もあります。

モギカバンのランドセルだけでなく、他社製品でもOK。本革だけでなく人工皮革でも対応してもらえます。

モギカバンのランドセルはこちら


ランドセル工房生田

ランドセル工房生田

運営会社 ランドセル工房生田
住所 大阪府大阪市生野区田島6-2-16
電話番号 06-6757-6723
対応地域 全国対応
料金 15,000円

ランドセル工房生田では、自社で製造したランドセルに限り、ランドセルリメイクを対応しています。

リメイク方法はミニランドセルのみ。

料金は送料込みで15,000円。郵送で申し込みができるので、全国どこからでも注文可能です。

完成までに3〜5か月ほどかかってしまいますが、本物そっくりのミニランドセルを作ってくれます。

生田のランドセルはこちら

革の専門店・リメイク工房

続いて、革の専門店やランドセルリメイク専門店などを紹介していきます。

ランドセルブランドよりもリメイク品のバリエーションが豊富なうえ、どこで購入したランドセルでも対応してもらえるというメリットがあります。

カナーズ・ジャパン

カナーズ・ジャパン

運営会社 カナーズ・ジャパン株式会社
住所 新潟県新潟市西蒲区升岡161-1
電話番号 0256-77-5012
対応地域 全国対応(郵送)
料金 880円〜52,800円

カナーズ・ジャパンでは、小さめのキーホルダーや小銭入れ、二つ折りウォレットやショルダーバッグなど、大人になっても使えるような革製品にリメイクしてくれます。

話題になっていて注文が殺到しているようなので、早めに予約するのがおすすめです。特に3〜6月は注文が集中するようです。

カナーズ・ジャパンの公式サイトを見る

SNAKER-革製品専門店-

SNAKER

運営会社 SNAKER-HandiCraft- 革製品専門店
住所 神奈川県藤沢市渡内2-3-7
電話番号 0366-90-3448
対応地域 全国対応(海外不可)
料金 16,500円(3点セット)〜29,700円(8点セット)

お手軽な3点セット、オススメ5点セット、小物たくさん8点セットの3つのセットから自由に選択できるスタイルです。

リメイク対応商品は、財布やコインケース、ペンケース、キーケース、キーホルダーや写真立てなど種類も豊富です。

ただし、セットによって選べる商品が違ってくるので、欲しい商品が決まっている場合は、注文の際にしっかり確認しましょう。

SNAKERの公式サイトを見る

Leather studio Third 「サード」

サード

運営会社 株式会社サード
住所 広島県福山市多治米町6丁目3-17
電話番号 084-971-7356
対応地域 全国対応
料金 ミニサイズ・ミニチュア:30,000円〜
財布・長財布:9,500〜55,000円などリメイク例多数

サードでは、ランドセルを使って本格的な革製品を作成してくれます。

名刺入れ、キーホルダー、時計、スマホケース、手帳、ペンケースなど、小学校卒業後も長く使える革製品へと変身させてくれます。

サードのリメイクで人気なのが14,000円〜の通帳ケース。その他にもパスケースも6,000円〜も人気です。

まずは公式サイトにあるLINEやメールから、気軽に問い合わせてみましょう。

サードの公式サイトを見る

アトリエタカ

アトリエタカ

運営会社 アトリエタカ
住所 神奈川県横浜市栄区鍛冶ヶ谷1-30-23
電話番号 045-895-4009
対応地域 全国対応
料金 財布:5,000円、名刺入れ:5,500円、キーホルダー1,000円などリメイク例多数
6種8品目16,000円のセットあり

アトリエタカは手縫いで一針一針丁寧にリメイクしてくれる、ランドセルリメイク専門店です。標準6種8品を含め、素材が許す限り多彩なオプションから自由に選ぶことができます。

思い出のランドセルを無駄なくリメイクしたい人におすすめの工房です。

作成期間は最短で2週間程度ですが、3〜5月の繁忙期の場合は、時間がかかってしまう場合があるので余裕をもって依頼しましょう。

アトリエタカの公式サイトを見る

伊藤鞄製作所

伊藤鞄製作所

運営会社 株式会社 伊藤鞄製作所
住所 東京都足立区東綾瀬3-5-13
電話番号 03-3620-0088(平日)
03-5856-2234(土曜)
対応地域 全国対応
料金 ミニサイズ・ミニチュア:16,500円
財布・長財布:7,700円〜15,730円などリメイク品多数
お得なセット割あり

伊藤鞄製作所は丁寧な接客で対応してくれるリメイク工房で、送料や刻印が無料となっています。

日々技術を磨いている職人さんが、思い出のランドセルを心をこめてリメイクしてくれるので、安心して任せられます。

料金が分かりやすく明確になっており、単品注文の他にセット割のサービスもあります。複数のリメイク品にしたい人はぜひチェックしておきたい工房です。

伊藤鞄製作所の公式サイトを見る

ランドセルリメイク「ルーラル」

ルーラル

運営会社 ルーラル
住所 大阪府豊能郡豊能町光風台1-5-4
電話番号 072-738-1070
対応地域 全国対応
料金 5点セット22,000円、6点セット22,000円など

ルーラルは多種多様な革製品にリメイクしてくれる、ランドセルリメイク専門店です。

財布やキーホルダー、ペンケースなどの一般的な商品から、小銭入れやしおり、写真たて、ベルトループなど、変わった商品へのリメイクも取り扱っています。

5点セット、6点セットなどのセットで申し込むこともできますし、単品で申し込むこともできて、選択の幅が広いのが特徴です。

ルーラルの公式サイトを見る

ヒノキクラフト

ヒノキクラフト

運営会社 (有)ヒノキクラフト
住所 静岡県静岡市葵区辰起町8-12
電話番号 054-274-1800
対応地域 全国対応(郵送)
料金 16,500円〜18,700円

ヒノキクラフトでは、ランドセルをスツール(折りたたみ椅子)に、リメイクしてくれます。

ランドセルのかぶせをそのまま椅子の座る部分に使用し、お気に入りの椅子が完成します。

かぶせがボロボロになってきた時には、張替え用の革と布を用意してくれるので安心です。

ヒノキクラフトの公式サイトを見る

地域別のリメイク対応ショップリスト

次に地域別のリメイク対応ショップをリストにまとめてみました。

できるだけ地元のショップを利用したいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

東京

ショップ名 住所 リメイク品
土屋鞄 東京都足立区西新井7-15-5 ミニランドセル、パスケース、フォトフレーム
伊藤鞄製作所 東京都足立区東綾瀬3-5-7 ミニランドセル、財布、キーホルダーなど

神奈川

ショップ名 住所 リメイク品
SNAKER-HandiCraft- 革製品専門店 神奈川県藤沢市渡内2-3-7 財布、ペンケース、スマホケースなど
アトリエタカ 神奈川県横浜市栄区鍛冶ヶ谷1-30-23 財布、ペンケース、パスケース、名刺入れ、キーケースなど

埼玉

ショップ名 住所 リメイク品
リトルアイランド 埼玉県蕨市錦町5-6-24 ミニランドセル

名古屋

ショップ名 住所 リメイク品
カバン工房Askal 愛知県一宮市祐久字九百坪17−1 キーケース、パスケース、ペンケースなど
HANAKUJIRA 愛知県北名古屋市徳重与八杁15-1-101 ミニランドセル、財布、時計など

大阪

ショップ名 住所 リメイク品
ランドセル工房生田 大阪府大阪市生野区田島6-2-16 ミニランドセル
ルーラル 大阪府豊能郡豊能町光風台1-5-4 財布、キーホルダー、ペンケースなど

札幌

ショップ名 住所 リメイク品
レザーショップ リーズ 北海道滝川市明神町3-3-15 財布、キーケース、カードケース、キーホルダーなど

素材ごとのポイント・注意点

ランドセルのリメイクは、素材によって注意点が違ってきます。

特にクラリーノなどの人工皮革と牛革やコードバンなどの天然皮革では、リメイク方法や対応ショップが違ってくるので、次の注意ポイントを事前にチェックしておきましょう。

牛革ランドセルの場合

牛革ランドセルをリメイクする場合は、劣化やひび割れに注意が必要です。

牛革は耐久性が高いので、6年間使っても簡単に劣化するわけではありませんが、状況によっては劣化してしまうことも。

劣化が激しく、ひび割れを起こしている状態では、リメイクができない場合があると言う事を頭に入れておきましょう。

判断が難しい場合は、リメイク工房などに問い合わせてみることをおすすめします。

牛革ランドセルのリメイクでオススメのアイテムは、財布やパスケース、手帳など。

牛革は長く使える素材なので、日常的に使い続けられるものにリメイクして、どんどん活用していきましょう。

クラリーノランドセルの場合

クラリーノランドセルの場合、注意点は2つあります。一つ目は、牛革と同様に劣化やひび割れに注意すること。

天然皮革よりも耐久性が劣る人工皮革は、6年間使うだけで劣化してしまう場合があります。

申し込みの前に劣化してしまっていないか、しっかりと確認しておきましょう。

2つ目は、取り扱いしていないショップがあるという点。

天然皮革のランドセルのみを対象としているショップもあるので、事前にクラリーノが対応できるのかを確認しておきましょう。

クラリーノランドセルのリメイクでおすすめアイテムは、ミニランドセルやオルゴールなど、あまり日常的に触らないもの。

クラリーノはどうしても耐久性が劣ってしまうので、リメイク後も毎日使うようなアイテムは不向きです。

あくまで思い出として残すことを目的として、実用性を求めるのはやめておきましょう。

クラリーノランドセルのおすすめページはこちら


コードバンランドセルの場合

コードバンは牛革よりもさらに耐久性の高い高級皮革です。

ランドセルとして使っただけで捨ててしまうのはもったいない素材なので、ぜひ違うアイテムにリメイクすることを検討してみてください。

コードバンの注意点は、やはり劣化があるかないか、と言う点です。

いくら耐久性が高いと言っても、状況によっては劣化してしまうこともあります。傷や汚れ、ひび割れなどを起こしていないか確認しましょう。

おすすめのリメイク品は、バッグや財布、パスケースなどの実用的なアイテム。

コードバンは高級バッグの素材として使われるほどなので、上質な革製品として生まれ変わらせることができます。

コードバンランドセルのおすすめページはこちら

リメイクに関するよくある質問

最後にランドセルリメイクに関するよくある質問をまとめてみました。

傷や汚れがあるランドセルでもリメイクできる?

基本的に、傷や汚れがあるランドセルは、リメイクできませんが、諦めてしまうのはまだ早いです。

ショップによっては、劣化した素材を修正して、リメイクしなおしてくれるところがあります。

SNAKER-handcraft

カブセの表面は補修できませんが、裏面の劣化は補修してリメイクしてくれます。

1つのランドセルで何個分の加工ができるの?

ランドセルはとても大きいので、1つのランドセルで複数のアイテムを作ることができます。

作るアイテムやランドセルの形などによってできる個数は違ってきますが、平均で5〜6個ほど。

実際に対応している「ルーラル」の例を見てみると、

  • 長財布、キーケース、パスケース、キーホルダー、写真たての5点セット
  • 折財布、キーケース、パスケース、キーホルダー、しおり、写真たての6点セット

などが販売されています。

ランドセルのリメイクにかかる期間は?

ランドセルのリメイクは、一つ一つ職人が手作業で作成するため、作成時間がかかってしまいます。

かかる期間はショップによって全く違います。

それぞれのショップの作成期間をリストにまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

ショップ名 作成期間
カナーズ・ジャパン 約3週間
ルーラル 2〜4週間
フィットちゃん 4〜5か月
土屋鞄 約半年
SNAKER-handcraft 半年〜1年
K&K BROTHERS 約1年

工房によっては、リメイクに1年ほど掛かってしまう場合があります。時間がかかることを見越して、できるだけ早めに注文しておくことをおすすめします。

リメイク料金が安いところはどこ?

ランドセルのリメイクは、ショップによって価格が全く違います。

できるだけ安く加工したい!という人のために、アイテムごとの最安値をリストにしてみました。

商品 最安値 ショップ名
ミニランドセル 4,500円 カナーズ ・ジャパン
財布 1,100円〜 カナーズ・ジャパン
名刺入れ 4,680円〜 K&K BROTHERS
キーホルダー 550円〜 カナーズ・ジャパン
時計 6,000円〜 Leather studio Third
スマホケース 7,981円 Askalカバン工房
手帳・ブックカバー 4,680円 K&K BROTHERS
ペンケース 4,400円 伊藤鞄製作所
バッグ・リュック 20,900円〜 カナーズ・ジャパン
椅子・スツール 15,000円〜 ヒノキクラフト
オルゴール 4,980円〜 HNAKUJIRA

できるだけ安く済ませたいという気持ちはわかりますが、安かろう悪かろうになってしまうのはもったいないですよね。

価格だけに注目するのではなく、信頼できるショップであるかどうかを見極めることも忘れないようにしましょう。

ランドセルを自分でリメイクすることはできる?

革製品の加工は特別な技術や専門の道具が必要です。それに加えて、すでに加工されているランドセルをリメイクするというのは至難の業。

失敗してしまうと、思い出を残すこともできなくなってしまうので、自分でリメイクすることはあまりおすすめできません。

できれば専門のショップにお願いするのがおすすめなのですが、それでもなお、自分でリメイクしたいという人は、次のサイトを参考にしてみてください。

ヒルナンデスで紹介されたミニランドセルって?

2019年3月20日に、「ヒルナンデス」でミニランドセルが紹介されました。紹介されたのは、梅田皮革工芸のミニランドセル作家「寺岡孝子」さん。

ランドセルを解体し、4分の1サイズで復元してくれます。寺岡さんはランドセル一つ一つの思い出を大切にしてくれる作家さん。

残しておきたい思い出の傷やランドセルの持ち主の現在などを伝えることで、ミニランドセル作りに反映してくれます。

ランドセルの保管場所がなくなり次第受付を終了してしまうので、気になった人は早めに申し込みしましょう。

住所 東京都荒川区南千住3-40-10-314
電話番号 03-3801-4685
営業日時 8:30〜16:30(土日祝休み)
公式サイト http://hakodateume.com/

まとめ

6年間の思い出がいっぱい詰まったランドセルをリメイクしてもらうことで、いつまでも大切に使い続けることができます。

使い終わったランドセルは、簡単に捨ててしまうのではなく、リメイク品としていつまでも思い出を残しておくことがおすすめです。

ただし、リメイクには時間がかかってしまう可能性が高いので、早くリメイクしてほしいという場合は、早めに予約しておくか、繁忙期は避けて申し込むようにしましょう。

また、リメイクができないランドセルについては、以下の記事で解説する方法を参考にして下さい。

卒業後のランドセルは寄付してリサイクル!引取先まとめ

ランドセルの捨て方は?燃えるゴミとして処分していいの?


2021年度最新版!タイプ別おすすめランドセル一覧

工房系モダン 工房系クラシック
カバンのフジタ 羽倉
萬勇鞄 土屋鞄
鞄工房山本 池田屋
大手の人気ブランド タイプ別のおすすめ
セイバン 2021年ランドセルまとめ
フィットちゃん 高級ランドセル
イオン 軽いランドセル
軽さの工夫あり 素材別のおすすめ
フィットちゃん クラリーノランドセル
セイバン 牛革ランドセル
池田屋 コードバンランドセル