ランドセルがしわしわになる原因と予防方法について

ランドセルがしわしわになる原因と予防方法について

天然皮革は使い込むうちに革の味わいが出てくるとか、長く使ううちには傷やしわができるがそれもまた味わいとなる、という説明をよく見かけます。小学生の子どもがどこまで革の味わいを追求するかは置いておいて、できればしわのないランドセルで通わせてあげたいですよね。

ランドセルを大切にしたい思いが、逆にしわの原因を作ってしまうこともあるようです。そこで、大切なランドセルを長く良い状態で使うため、ランドセルがしわになる原因とその予防方法について説明します。

ランドセルのかぶせ部分にできるしわの原因は

大切に使ってきたランドセルでも、特に牛革のものは気がついたらランドセルのかぶせ部分が波打ったり、しわになったりすることがあります。

少しだけなら気にせずに使い続けることもできますが、あまりに目立つようだと気になってランドセルカバーをかけて使う子もいます。せっかく色やデザインや素材が気に入って買ったランドセルなのに残念ですね。なぜこのようなしわになってしまうのでしょうか。まずは原因を探ってみましょう。

濡れると革は縮む、濡れた状態で引っ張ると伸びる

牛革のランドセルも天然の革をそのまま使うわけではなく、多少の雨に濡れても大丈夫なように耐水性を高める処理を施しています。しかし、100パーセントの完全防水となれば、革本来の良さが失われてしまうためそこまではしていません。

そのため、縫い目から中の芯材に雨水が浸透してしまうこともあります。本降りの雨の日、自分が濡れないように傘を差すと、どうしてもランドセルは濡れてしまいます。通学時間が5分の子どもと20分の子どもでは濡れ具合が異なり、長く雨に濡れると水分を吸収してずっしりと重く感じるという子もいるようです。

濡れては拭いてをくり返していると、その防水加工も徐々に効果が落ちてくるでしょう。表面の水分を取ろうとしてゴシゴシ力を入れてこすることにより、濡れた革が引っ張られて伸び、変形してしわができてしまうことがあります。

また、傘を差したときに全体が均一に濡れずに一部だけひどく濡らしてしまうような場合も、革の縮み具合に影響して歪んだり波打つように変形することが考えられます。

早く水分を蒸発させるため高温で一気に乾かしてはいないか

雨に濡れた状態が良くないと聞き、早く乾かしたい一心で急いで水分を取ろうとする人がいます。ドライヤーの熱やストーブなどに近づけて高温で乾かすと革は縮んで硬くなり、変形やしわの原因となってしまいます。濡れたかぶせを平らに置いて、低温アイロンをかけるのも厳禁です。

逆に折り曲げるのもしわの原因になる

ランドセルは、かぶせを平らにした状態で水平にものを出し入れするのが製造元のおすすめする理想の形です。かぶせを内側に曲げたり外側に曲げたりする力が加わるとしわの原因になります。

しかし狭い場所で中のものを出し入れするときは、本体を立ててかぶせを反対側に垂らした状態でものを取り出すことが多いのではないでしょうか。またかぶせを反対側に折った状態で本体の下に差し込んでコンパクトにしてからものを取り出す使い方をする子もいます。

そのような状態で本体に重い教材を入れているときには、かぶせに折り目がついたりそこからしわになったりひびが入ったりすることがあります。

天然の皮革は一枚一枚の状態が違う

革は一枚一枚状態が異なり、血管の跡がついていたり、ホクロのあるものもあります。かぶせの表革と芯地になる部分や内張りの部分など貼り合わせたときに、濡れたり乾いたりを繰り返すと、それぞれの革の伸縮率の違いにより、しわや浮きが出たり、貼った部分が剥がれしわが入ったりすることがあります。

同じように製造しても、天然革を使っている以上、個体差によりしわができやすいものも出てきてしまいます。

できるだけしわをつけたくない!予防方法は?

ランドセルメーカーは小学生の子どもが6年間無事に使い続けられるように耐久性のある製品作りをしていますが、使い方次第ではしわができてしまうことはあります。でも、自分で予防することができればきれいなまま使い続けたいですよね。しわを防ぐためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

なるべく濡らさない

極力濡らさないようにしましょう。濡れる時間を短くし、濡れたらすぐにやわらかい布で優しく拭き取ります。子どもが着られなくなった小さくなった肌着はありませんか?縫い目を切り取り、適当な大きさにカットしておくと良いですよ。生地の質もやわらかく吸水性もあり、固くなったタオル雑巾よりもおすすめです。

ゴシゴシこすらずに風通しの良い場所で天日干しではなく陰干しで、ドライヤーやアイロンなどの熱を加えずにゆっくりと乾かしましょう。一刻も早く水分を飛ばしたいがために短時間で乾かそうとして熱を加えるのは良くありません。

ランドセルカバーはたまに外す

一年生は入学したら交通安全のための黄色いランドセルカバーをつけるように指導されることが多いのではないでしょうか。ビニール製でランドセルの傷から保護したり雨から濡れるのを避けることができます。

また黄色が目立つため、急に道に飛び出したり道幅いっぱいなったり危ない歩き方をする一年生は、黄色いカバーをしていると車を運転するドライバーからも視認性が良く、安全運転のための警鐘にもなります。

カバーは一度取り付けると、あまり外したり付けたりはしないのではないでしょうか。しかし、長い間つけたままの状態で放置しておくと、ビニールで覆われたかぶせ部分が湿気を持ち、常に濡れた状態になってしまいます。

それが原因で波打つように変形したりしわが入ることがありますので、日曜日など一週間に一回はカバーを外して風通しの良い場所で乾かすことを心がけましょう。

かぶせ部分を逆に折り曲げない

かぶせは真っ平らにして中のものを出し入れするようにしましょう。力を加えて折り目をつけないことが肝心です。上にものを載せたり力を加えることも避けましょう。

説明書記載のお手入れ方法でメンテナンス

防水効果は過信すべきではありません。いつまでも購入当時と同じ性能があると思わないほうが良いでしょう。濡れてその都度拭いているうちに防水加工がだんだんとはがれ落ちてしまいます。かといって防水スプレーをしたのでは革が目詰まりをして通気性を妨げてしまったり、色ムラの原因になったりすることもあります。

また保護のための皮革クリームなどを塗りすぎるのも、同じように必要以上に油分を与えたりするとやわらかくなりすぎて型崩れの原因となることもあります。誰かがこうすると良いと言っていたから、と安易に鵜呑みにせず、ランドセルの革や製品にあったお手入れ方法を使用説明書等で確かめて、それぞれのランドセルに適した方法でお手入れをしましょう。

コードバンや合成皮革に比べると、牛革は水に弱いと言われています。しかし、今はきちんと防水加工をしているものが多く、お手入れも簡単にすむように作られているものがほとんどです。

しかし、そのお手入れ方法も間違った方法では、しわができる原因となります。ゴシゴシこすったり、急いで乾かしたりと、革にとって負荷がかかるような扱いをせず、正しいお手入れ方法を覚えましょう。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る