ランドセルの保証書を失くした場合の修理は有償になるの?

ランドセルの保証書を失くした場合の修理は有償になるの?

高価な電化製品を購入したときは、保証書は大切なものとして保管していることが多いでしょう。ところが子どものランドセルとなると、保証書をどこにしまったか忘れている人のほか、「そもそもそんなものあったっけ?」という人もいます。

しかしランドセルも、稀に修理が必要になることがあります。そんな場合に保証書が見つからなかったときは、どうしたらいいのでしょうか?

保証書が見当たらない?まずは購入店に相談を!

ランドセルを箱から取り出したときに、保証書が入っていることに気づかず、箱ごと捨ててしまったという人もいるかもしれません。大切なものだと思わずに、子どもがどこかにやってしまった、ということも考えられます。

あるいは、祖父母が買ったときは、保証書のことをうっかり忘れて、品物だけを孫にプレゼントすることもあります。そのときの保証書が手元に残っていないか、聞ける間柄なら聞いてみましょう。あちこち探してもどうしても見つからないときは、ランドセルを買った店舗に連絡をして相談しましょう。

レシートや送付書、メールなどが証拠になる場合も

保証書がなくても、そのお店で確かに購入したということがわかれば、修理を受け付けてくれる場合があります。購入したときのレシートがあれば、確実な証拠になります。

遠方に住む祖父母がプレゼントとして送ってくれた場合は、宅配便の記録や送り状が残っていれば認められます。オーダー品やメーカーから直接送られた場合は、そのときのメールの記録が残っていれば証拠になるでしょう。

クレジットカードやポイントカード利用の明細などで確認

クレジットカードを利用して購入していれば、カードの明細書や利用履歴を証拠にすることができます。また、電子式のポイントカードを利用した場合は、購入履歴やポイント通帳などから確認できるものもあります。

品番や型番、検品シールで受け付けてもらえることも

遠くに引っ越した場合や、購入したお店がすでにないということもあるでしょう。そんなときには、ランドセルの製造元に相談してみましょう。品番や型番、検品シールなどで、新品で購入して6年以内であることがわかれば、修理を行なってくれることもあります。

保証書不要のランドセルメーカーもある

間違いなくそのメーカーで作ったランドセルだとわかれば、保証書の有無に関係なく、責任を持って修理してくれるところもあります。メーカーの公式ホームページに、「故意に壊しても壊されても、保証書がなくても、往復の送料・修理が無料」と記載されているかどうか、確認してみましょう。

なかには、万一修理ができない場合は、無料で交換してくれるというサービスを提供しているメーカーもあります。

保証書があっても、こんなときは有償になる!

せっかく保証書が見つかっても、通常の使い方とは認められない下記のようなケースは、ごく一部のメーカーを除いて有償の修理になります。

乱暴に使用したとき

強い力で思いっきり引っ張った、肩ベルトを持って振り回して遠くへ飛ばした、ランドセルを置いた上に飛び乗ったなど、通常利用の範囲を超えた無茶な扱いをしたときは、修理代がかかります。

落書きをしたとき

水拭きやクリーナーなどで拭いても落ちないいたずら書きをした場合、その部分の皮を交換しなければならないような場合などは、有償での修理になります。

ハサミやカッターによる傷やこすった跡

床に置いたランドセルを台にして、その上で何か書いたり、ハサミやカッターなどを使ったりすると、傷が付いてしまいます。逆さに置いたまま肩ベルトをつかんで砂利道やアスファルトで引きずったときや、背中に背負ったランドセルをブロック塀にこすりつけながら歩いたときも、修理やふたの交換は有償になります。

友達とのトラブルで壊れた

どこか一部を持ってぐるぐると振り回したり、急に引っ張られたりして、何かの拍子に金具やベルトが壊れてしまうこともあります。自分でやったことではなく、友達に過失がある場合でも、有償修理になってしまいます。

無料保証になるのは、こんなとき

保証書があっても、自分や他人の不注意や故意による破損や汚損であれば、有償の修理になってしまいます。それでは逆に、無料になるのはどういうときでしょうか?

通常の使い方をしていて壊れた場合

「通常の使い方」の定義がなかなか難しいですが、子どもの日常の使い方ではなく、一般的な使い方を想像してください。例えば、背負うときに肩ベルトと本体を留め付けている部品が割れてしまった、ふた部分のマグネットが回転しなくなった、ファスナーのかみ合わせが歪んでスライダーが動かない、などが挙げられます。

購入後6年の保証を約束

ランドセルを新品で購入してから6年以内が、無料修理の保証期間になります。お下がりで譲り受けた場合や中古のランドセルを購入した場合は、保証の対象外となることがほとんどです。

修理受付の流れは?かかる期間はどのくらい?

修理に出したくても、通常の学校の授業がある日は、そのまま我慢して使ってしまうかもしれません。しかし、そのままでは不便だったり背負いにくかったりするので、いずれは直したいと思うはずです。修理に出して戻ってくるまでには、どのぐらいの期間かかるのでしょうか?

10日〜3週間程度かかる

ランドセルメーカーのホームページには、10日〜3週間程度かかると記載されています。ただし、これはあくまでも目安で、もっと早く仕上がる場合もあれば、とても混み合っている時期などはもっと時間がかかる場合もあります。

まずは購入元に問い合わせ、修理に必要な日数を確認しておきましょう。そうすることで、夏休みや冬休みなどの長期休暇中に修理に出すか、それまで待てないから至急修理に出すかの判断ができます。

代替のランドセルを貸し出してくれる

ランドセルを修理に出す間、小学校によっては私物のリュックやスクールバッグ、ショルダーバッグなどの使用を認めているところもありますが、子どもが嫌がる場合もあるでしょう。

ランドセルメーカーでは、修理をしている間、代替のランドセルを貸し出しているところが多くあります。通学に困らないように先に送ってくれることが多いですが、手続きの流れを事前にきちんと確認しておくことをおすすめします。

まとめ

通常使用で修理が必要になった際は、購入履歴や製造番号などで6年以内の製品とわかれば、保証書がなくても無償で対応してくれることが多いです。一方、故意や不注意で壊れた場合は、保証書があっても有償になります。

ランドセルは通常の扱い方なら、6年間は問題なく使えるものがほとんどですが、だからと言って、乱暴な扱いをしても壊れないというわけではありません。ものを大切にする心を育めるよう、小さな頃から折りに触れて言葉をかけてあげたいですね。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る