ランドセルが型崩れして変形する原因と対処方法について

ランドセルが型崩れして変形する原因と対処方法について

ウキウキした気持ちで新品のランドセルを背負った日のことを覚えていますか?きっと「6年間大切に使う」と誰もが思っていたはずです。

しかし、毎日使っているうちにだんだんと扱いが雑になり、ついには型崩れまで起き、きれいだったランドセルの面影がなくなってしまうなんてことも起こり得ます。そんな悲しい型崩れを起こさないために、型崩れを起こしてしまう原因とその対処方法について知っておきましょう。

大切なランドセルが型崩れし、悲惨な姿に…何が起きたの?

ランドセルは、やんちゃな子や元気な子でも6年間壊れることなく使えるように、頑丈に作られています。厳しい試験などを経たうえで販売されていますが、想定外の故障が生じてしまうこともあります。なかでも見た目が気になる型崩れは、どの部分で何が原因で起きるのでしょうか?

型崩れしやすいところ

ランドセルは、様々な部品からできています。その中で最も型崩れが起きやすいのは、マチの部分です。サイドがつぶれたりシワができたり、教科書などを出し入れするマチの口の部分がゆがんでしまったりします。

不具合が生じる原因

マチに不具合が起きてしまう原因には、「ランドセルに力を加えたこと」が考えられます。例えば、椅子代わりにランドセルの上に乗ったり、ランドセルの上に乗って滑り台をしたり、ランドセルを背負いながら壁に寄り掛かったりすることが挙げられます。

このように、「何気ない子どもの普段の生活」でやってしまうことが、簡単にランドセルの型崩れを引き起こします。

型崩れが起きた後は、どうやって使ったらいい?

見た目はよくないだけで、問題なく使える場合は、ランドセルの修理はしないでそのまま使うケースもあるでしょう。その場合、どのようなことに注意して使えばいいのか紹介します。

極力、ランドセルに力をかけないようにする

一度型崩れが起きてしまった箇所に同じように力を加えると、どんどん歪みが進んでしまいます。上から押さえつけたり引っ張ったりすることなく、丁寧に扱うようにしましょう。

子どもと一緒にランドセルの使い方を考える

ランドセルを使い始めた頃は、汚さないように壊さないように大切に使っていたはずです。しかし、一度変形や型崩れが起きてしまうと、丁寧に使う気持ちが薄れ、さらに変形を進めてしまうことになるかもしれません。親子で一緒にランドセルを買ったときの気持ちを思い出し、使い方を改めるよう話してみましょう。

修理に出したら直る?

ランドセルが型崩れして変形してしまった場合は、買った店舗やメーカーに確認し、修理を依頼すれば直してもらえます。では、修理に年間保証は使えるのでしょうか?また、自分が購入した以外のメーカーなどでは、修理をしてもらえないのでしょうか?

修理代金は自己負担のケースがほとんど

型崩れの場合、ランドセルの見た目は悪いものの、機能上は問題なく使えることがほとんどです。また、通常使用での故障というよりも、子どもの「間違った」使い方での故障と判断されてしまいます。そのため、基本的には6年間保証による無料修理は対象外で、修理代は自費になってしまいます。

修理の依頼は購入したメーカーへ

修理は、購入したメーカーでしか受け付けてくれないことがほとんどです。これは、部品や製造工程の違いなどから、製造元以外では対応できない可能性があるからです。鞄や靴などの修理店で受け付けてくれるケースもありますが、修理によって不具合が生じるリスクもあります。修理を依頼したい場合、まずはランドセルを購入した店舗やメーカーに確認してみましょう。

修理の出し方

ランドセルを修理に出す場合は、購入した店舗に持ち込むケース、宅配便などで送付するケースが多いです。なかには、スタッフが自宅まで取りに来てくれるサービスを行っているメーカーもあります。

店舗持ち込みや自宅への引き取りの場合は、ランドセルの状態を見ながら、対面で相談ができるので安心です。店舗持ち込みの場合、簡単な不具合ならその場で修理して、その日に持ち帰ることもできます。

修理に時間がかかってしまう場合は、その間は別のランドセルを貸し出してくれます。壊してしまうことが心配な人は、夏休みなど長期休暇に依頼すると良いでしょう。ただし、長期休暇は修理を依頼する人が多くなるので、通常よりも時間がかかってしまうことも考えられます。

自己流の修理は、さらに型崩れを悪化させる危険性が…

ランドセルは毎日使うものですし、修理費用も高額になりがちなので、できれば自宅で直せたらいいな、と思う人もいるでしょう。

しかし、自己流で修理するのは、おすすめできません。ランドセルは熟練した職人が作っていることが多く、特殊な製法や構造でできています。「これくらいなら、なんとかなるかもしれない」という自己判断で修理をしようとすると、今起きている型崩れよりひどい状態になることも考えられます。

修理を依頼するか迷ったときは、まず購入した店舗に問い合わせて相談することをおすすめします。状態を説明すれば、もし自宅でも直せるような場合は、修理方法を教えてくれるでしょう。

まとめ

たくさんの中から悩みながら決めたランドセルなので、できるだけ大切に使いたいものです。そうはいっても、子どもが毎日使うものなので、だんだんと扱いが手荒くなっていき、気づいたときにはランドセルが型崩れしてしまっていた…なんてこともあるかもしれません。

また、友達との遊びに夢中になり、ついランドセルを雑に扱ってしまうことも考えられます。型崩れしたら、それ以上悪化しないように使う方法を考えたり、修理に出したりするなど、早めに対策をしましょう。

男の子に人気が高いランドセルランキング
ページの先頭へ戻る